2010年12月31日

今年もいろいろありました

まもなく過ぎ去ろうとしている平成22年。今年もいろいろありましたが、とりわけ秋には日本の安全保障を揺るがす事態が立て続けに起きました。
9月7日、中華人民共和国の漁船が尖閣諸島付近で海上保安庁の巡視船に衝突。
11月1日には、ロシア連邦のメドベージェフ大統領が国後島を訪問。
さらに11月23日、朝鮮民主主義人民共和国が大韓民国の延坪島を砲撃。
極東アジアが世界の火薬庫であることを、改めて思い知らされました。

【送料無料】猛毒国家に囲まれた日本

【送料無料】猛毒国家に囲まれた日本

価格:1,575円(税込、送料別)



その中国・ロシア・北朝鮮の三国を猛毒国家と呼ぶのが本書。
チャイナウォッチャーとして知られる宮崎正弘と、外務省のラスプーチンこと佐藤優による対談です。

時事的な要素よりも、比較文化論的な視座で中国とロシアの国柄・国民性を論じているのが本書の特徴(北朝鮮のことはオマケ程度)。
単純に金持ちが尊敬される中国は商人の国、一方、土着の情念が強く農本主義的なのがロシアです。
あとがきによると、対談から刊行まで1年のタイムラグを要したため、時局の話題は削除したとのこと。おかげで主旨が明確になった気がします。

真正保守の復権を掲げる両者ですが、とりわけ佐藤優が「超越性」を唱えているのが印象的でした。これは天皇の問題とも関わってきます。
本書は宮崎正弘の新刊として手に取ったので、佐藤優の思想に触れたのは偶然でしたが、超越性の問題は、保守とは何かを考えるヒントになってくれそうです。

(12月28日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
国難は海からやってくる
不思議の国・ロシア
新たな冷戦
ロシアより“哀”をこめて
リトビネンコ氏は、なぜ殺された?
パイプラインの国際政治学
あかきゆめみし
竹島、尖閣、北方領土…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。