2011年04月17日

エコな原発ありますか?(後編)

経済産業省の原子力安全・保安院は、福島第一原子力発電所事故を国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7に引き上げると発表しました。
頂点に達する国民の原発への不安。しかし電力需要を確保するには、既存の原発を止めることはできません。自然エネルギーでは安定した電力を得られませんし、かといって化石燃料の消費を増やすのも時代に逆行しています(私は地球温暖化の主因が二酸化炭素だとは思いませんが、化石燃料の消費削減は支持します)。
そこで安全かつクリーンな原子力エネルギーとして期待されるのが、トリウム原発です。トリウム熔融塩炉について詳しく書いた本がないかと探したところ、10年前(2001年)に刊行された本書に出会いました。

【送料無料】「原発」革命

【送料無料】「原発」革命
価格:735円(税込、送料別)



現在の主流の原子炉は、冷却材・減速材に水を用いる軽水炉です。
しかし、軽水炉には構造的な欠陥があるといいます。
・固体燃料は放射線で破損しやすい。燃料集合体の定期的な交換が必要。
・負荷追随性が低く、常時全出力運転となる。小型炉には適さない。
・水は高温で高圧となり、放射線で分解されると爆発しやすい水素を発生する。
・ウラン燃料からは、核兵器の原料となるプルトニウムが生成される。
原子力は火力・水力よりも発電コストが低く、出力が高いのでベース電力を担ってきました。しかし裏を返せば、建設コストが高いので大規模化によって発電コストを下げ、出力調整ができないため全出力で運転しているわけです。さらに今回のような大事故が起こると損害賠償は巨額となり、放射性廃棄物の処理コストも忘れてはなりません。原発(軽水炉)の経済性は幻だったのです。

「固体燃料から液体燃料へ、ウランからトリウムへ、大型から小型へ」
本書は原子力発電の3つの革命を掲げています。
トリウム熔融塩炉には、以下の利点があるとします。
・液体燃料は固体燃料よりも、製造や管理が容易。
・熔融塩(高温で液体になった塩)は高温でも常圧で、原子炉の安全性が高い。
・負荷追随性が高く(出力調整がしやすい)、原子炉の小型化が可能。
・トリウムは埋蔵量が豊富で、世界各地に産出する(ただし日本では採れない)。
・プルトニウムなど超ウラン元素をほとんど生成せず、放射性廃棄物が減少する。
・既存のプルトニウムを燃料に混ぜて焼却することができる。
これまでトリウム熔融塩炉が省みられなかった理由のひとつが、発電時にプルトニウムを生成しないことでしょう。原発は原子力の平和利用を謳いながら、実はプルトニウムを産出することで軍産複合体の一翼を担っていたのです。

あまりに良いこと尽くめで、本当にトリウム熔融塩炉に欠陥はないのか、かえって心配になりました(笑)。
原発立地自治体の首長が「40年以上経った原発は順次運転を停止し、新規建設計画は認めない。ただしトリウム熔融塩炉なら受け容れる用意がある」と宣言すれば、日本のエネルギー政策に大転換を迫ることになると思います。福井県の西川一誠知事、いかがでしょう?
ただ、日本の大学では原子力工学が衰退しており、将来を担う人材の不足が懸念されるところです。

(4月1日読了)★★★★★

【関連サイト】
NPO「トリウム熔融塩国際フォーラム」 (理事長:古川和男)

※本書は現在品切れのようですが、5月に『原発安全革命』として復刊されます。
【送料無料】原発安全革命

【送料無料】原発安全革命
価格:840円(税込、送料別)




ラベル:エネルギー
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:16| Comment(15) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のような事故が起こった場合は、どんな原発でも大変なことになるのでは?
放射物質が外部に漏れるし・・・。
放射線が怖くて、修理もできません。
(><)
Posted by おおくぼ at 2011年05月03日 23:05
トリウム溶融塩炉の欠点は液体燃料の放射線が強いことだそうですが、液体なのでポンプで遠隔注入できるし、固体燃料のように損壊しないので燃料交換の必要がないそうです。またトリウム溶融塩炉には、既存の高濃度放射性廃棄物を焼却処理する施設としての役割もあります。
しかし、放射性物質が外部に漏れたら同じですね…
池田信夫(@ikedanob)センセイなら「この世に絶対安全なモノはない!」の一言で済ませるでしょうが(笑)
Posted by 管理人 at 2011年05月04日 17:52
原子力にこだわらずに火力発電で、いいと思うのですが・・・。
最近の火力発電は、かなりエコになっています。
Posted by おおくぼ at 2011年05月04日 22:04
私も火力でいいと思います。
石油は当分なくなりません。
ただ、日本は石油を政情不安定な中東に依存し過ぎているので、石油から天然ガスにシフトすべきだと思います。
Posted by 管理人 at 2011年05月04日 22:35
検索したら、こんなニュースが見つかりました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110405/219323/

ところで今書店にある月刊誌『WILL』を読んだら、高田純さんが中国の黄砂に放射物質が含んでいることを書いてました。

高田純さんは、『核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実』という本を書いています。
Posted by おおくぼ at 2011年05月05日 16:33
私も日経の記事は読みました。
インドもトリウム原子炉を推進するようですね。

黄砂に放射性物質が含まれているとの指摘は、以前からありました。
福島よりも、吹く支那からの黄砂が心配です。

原発容認派からも危険視する声があがっていた浜岡原子力発電所ですが、菅総理が運転停止を求めると宣言しました。これは英断ですね。
Posted by 管理人 at 2011年05月06日 20:48
そうですね、民主党の強みが出たと思います。
安全神話の名のもとに原発を推進してきた自民党の政治家のみなさんには反省してもらいたいと思います。

原発に反対した前福島県知事・佐藤栄佐久さんの本が売れているみたいです。
Posted by おおくぼ at 2011年05月06日 23:22
英断ではありますが、ポスト・フクシマのエネルギー戦略を示すことが、政治の第一の責任です。菅総理にビジョンはあるのでしょうか?

池田信夫さんは、菅総理の浜岡原発停止要請を非科学的だと批判しています。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51705451.html
福島第一原発は、想定される東海地震よりもはるかに強い揺れに耐えており、津波で予備電源が浸水したことが問題であると。
しかし福島第一原発は、津波が来る前に地震で冷却機能を損傷していた可能性があります。
そもそも浜岡原発の危険性を指摘していたのは、池田さんなんですけどね(笑)
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292886.html
Posted by 管理人 at 2011年05月07日 22:14
池田先生の強みは、臨機応変で、過去の発言は忘れるということだと思います。
絶えず白紙状態で発言しているんだと思います(笑)。

今回の停止要請で、菅直人の支持率が上がれば、自民党の首脳部は焦るのでは?

ところで文芸評論家・川村湊さんの『福島原発人災記――安全神話を騙った人々』(現代書館)が話題になっている気がします。
Posted by おおくぼ at 2011年05月08日 01:26
考えが変わるのは悪いことではありません。
池田さんが槍玉に挙げた浜岡2号機は、既に廃炉となりました。
しかし池田さんは、浜岡原発の立地自体も問題にしていると思います。
第3世代原子炉はパッシブセーフティを備えており、2Gの福島のような事故は起こらないとのことですが、浜岡で3G(ABWR)は5号機だけです。

日本で、原子炉の世代交代が進まなかったことも問題でしょう。
これまで大金を投じてきた旧世代原子炉を、そう簡単にやめられないのかもしれません。
(でも、原子力のメリットは「低コスト」だったのでは…)
Posted by 管理人 at 2011年05月08日 15:12
池田先生は、正反対の意見の間で揺れ動いている戦略家なのです。

参考

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2011/03/ikedanob-85e2.html

ネット強者であるには、状況に応じて主張を変えていかなければいけません。
矛盾を恐れないことが、ネット強者の条件です。

とにかく原発は、素人には何が危険なのかわかりません。
今まで「安全、安全」と言ってきて、事故が起こってから「想定外」では言い訳にはならないと思います。
Posted by おおくぼ at 2011年05月08日 20:34
追記

池田先生のブログが更新されていました。
Posted by おおくぼ at 2011年05月08日 21:11
私が池田さんの過去記事をツイートしたせいで、訂正記事を書く羽目になってしまいましたね。
池田さんには悪いことをしたかな(笑)

なんでも総理の一声で決めらるなら法治国家ではないという池田さんの指摘は正しいです。
しかし、浜岡原発の運転停止に賛成する人に対して「地震を予知できるのか」と批判するのはおかしいですね。池田さんも「次の関東大震災は22世紀」「東京直下型地震は23年に一度」と、見事な地震予知をしていますから(笑)
これは最近の記事です。今度はおおくぼさんが突っ込んであげてください。

個人的には、浜岡原発5号機は3G原子炉(ABWR)なので、運転停止しなくていいと思いますが。
Posted by 管理人 at 2011年05月09日 21:30
こちらのコメント欄で池田先生が論争してますね(ヤクザの因縁つけみたいな気が・・・)。

http://agora-web.jp/archives/1323335.html#comments

「池田信夫」で検索すると、「ツイッターをブラックされたと」いうツイートをよく見かけます。
今回の不純文學さんのツイートは、池田先生にとって都合が良かったのではないでしょうか(笑)。

池田先生へのツッコミは自分のブログで何回かしたことありますが、人気はサッパリです(笑)。

池田先生は天上天下唯我独尊で、これからも頑張ってもらって、ネット上に話題を振りまくことを期待します(笑)。
Posted by おおくぼ at 2011年05月09日 22:17
アゴラで、池田信夫さんと前田拓生さんが内輪もめしていますね。
ここでも池田さんは、菅総理を支持する前田さんに「東海地震は予告されてから30年以上、何も起きてない。あなたは地震が予知できるの?」
池田さんの「地震は起きない」も、一種の地震予知なんですが(笑)

ツイッターには、池田信夫さんにブロックされた人のための池田語録アカウントまでありますね。しかし自分絡みのリプライって、そんなに気になりますかね。読まなければいいだけなのに。ヒマなんでしょうか(笑)
ツッコミどころもありますが、池田さんには教わることが多いので、これからもご活躍を期待しています。
Posted by 管理人 at 2011年05月10日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。