2011年05月16日

原子力に未来はあるか

5月6日、菅直人総理大臣は中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を要請し、14日には全ての原子炉が運転を停止しました。東海地震の予想震源域に立地し、活断層に囲まれていることから「世界一危険な原発」と揶揄する声もあった浜岡原発を止めたのは、菅総理の「英断」といえるでしょう。
福島第一原子力発電所の事故は津波による電源喪失が原因であり、原子炉自体は地震の揺れに耐えたとして、菅総理の要請に疑問を呈する声があります。しかし実際には、津波が到達する前に地震で損傷していたことが明らかになってきました。
先ほど菅総理の「英断」と書きましたが、唐突さは否めません。果たして総理に原発を止めた後の見通しはあるのか、甚だ心配です。ポスト・フクシマのエネルギー戦略を示すことが、政治の最大の責任であると思います。
また浜岡原発5号機は、外部冷却装置が故障しても原子炉自体が冷却を行う第3世代原子炉(ABWR)です。浜岡5号機がダメなら、日本にある原発のほとんど(第2世代原子炉)が危険ではないでしょうか。5号機は止めなくても良かったのでは。

【送料無料】エネルギ-問題!

【送料無料】エネルギ-問題!
価格:2,415円(税込、送料別)



ポスト・フクシマの日本のエネルギー戦略はどうあるべきか。
そのものズバリなタイトルの本があったので読んでみました。

まず、石油はなくなりません。使われなくなるだけです。エネルギーの主役が石炭から石油に代わったのは、枯渇したからではなく、それまで使い道のなかった石油を使えるようにする技術が生まれたからでした(ただし石炭は今でも現役であり、息の長いエネルギーです)。
石油はあと30年でなくなると、30年以上前から言われ続けてきたのに一向になくならないのは、確認埋蔵量が増えたことに加えて、産油国や石油メジャーが価格を維持するために可採年数をコントロールしてきたからです。埋蔵量が多すぎると原油価格は下がりますし、少なすぎると消費国は石油に代わる資源を模索し始めます。2008年の原油価格高騰は、消費国の石油離れを加速させました。

化石燃料がなくなることはありませんが、地球温暖化問題もあってシェアは低下します。風力や太陽光などの再生可能エネルギーは、補完的なエネルギーに留まりそうです。また燃料電池は、天然ガスや電気から生産された水素を利用する技術であって、資源問題の解決にはなりません。そうなると次代を担うエネルギーは、原子力ということになります。
20世紀を大きく変えた石油文明を生み出したのは、19世紀に開発された科学技術でした。すると21世紀を変えるのは、20世紀に生まれた量子力学や相対性理論です。相対性理論から生まれた原子力は軍事面では世界を一変させましたが、原子力発電の他には医療分野で用いられるくらいで、日常生活を大きく変えるには至っていません。つまり原子力エネルギーによる本当の革命はこれからだというのです。
ドイツは再生可能エネルギーの利用率が高い国ですが、不足する電力は隣国フランスから購入しています。そしてフランスの電力は8割が原子力です。

当分の間は石油が枯渇する心配はなく、極端な原油価格の高騰もないのなら、なにも原子力にシフトせずとも石油をクリーンに使い続ける選択肢もありではないかと思いました。ただ、日本の石油需要は政情不安定な中東に依存し過ぎているので、石油よりも埋蔵量が豊富で地理的な偏在もなく、CO2排出量の少ない天然ガスにシフトするのが良いかと思います。
それでも私は、原子力というオプションは放棄すべきでないと考えます。研究を続けていれば現在よりも安全で低コストな原子炉が実現するかもしれませんし、たとえ国内の原発がゼロになっても技術を海外へ輸出することが出来ます。40年以上経過した原子炉は順次運転を停止し、その間に第4世代原子炉であるトリウム溶融塩炉の開発を進めてはどうでしょう。

本書の発行は2010年2月。今年3月の東北地方太平洋沖地震で起きた福島第一原発の事故は未だ収束には至らず、原子力をめぐる状況は一変しましたが、エネルギー問題の全体像を俯瞰するのに役立つ一冊です。
個々のエネルギーの技術的な評価のみならず、人類がエネルギーを使う仕組みを作る人々(石油メジャー・核不拡散体制・気候変動に関する政府間パネル)の存在についても一章を割いています。また地球温暖化には異論があること、京都議定書には問題点が多いことも指摘しており、バランスの取れた本であると好印象をもちました。本書を読んでから再生可能エネルギーや次世代の原子力発電など、個々のエネルギーについて調べると良いでしょう。
近ごろ話題のトリウム溶融塩炉は、本書でも有望視されています。

(5月1日読了)★★★★★


ラベル:エネルギー
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:16| Comment(16) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原子力発電が広まったのは、オイル・ショックの影響ですね。

現在は天然ガスの人気も高くなってますが、コストでは石炭が安いです。
石炭の人気は未だに高いです。

石油がエネルギー資源として注目されて百年ほどですが、木炭が使われてきた歴史が長く、多くの森が失われました。
石油や石炭が使われることによって、木炭の人気が下がり、森林の減少も減りました。

原子力発電は、発電効率がそんなにいいわけではありません。
また今回の事故のように放射線濃度が高い期間は、修理をするのが難しいです。
Posted by おおくぼ at 2011年05月17日 02:27
石炭は、超ロングセラーのエネルギーですね。
伊藤公紀先生も、石炭火力の可能性を説いています。
http://yaplog.jp/itoh_kiminori/archive/70
でも、石炭も放射線を出します。黄砂に放射性物質が含まれているのは、中華人民共和国の石炭消費が多いからでしょうか。

建設費、電源交付金、放射性廃棄物の処理…今回のような事故がなくても、原子力発電は高コストです。
原発は無いほうがいいですが、原子力の研究までも放棄すべきではありません。将来、安全で低コストな原発が実現するかもしれませんし、日本国内の原発がゼロになっても、技術を海外へ輸出することができます。
Posted by 管理人 at 2011年05月18日 23:01
黄砂に放射線が混じっているのは核実験の影響です。

詳しくは・・・

『核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実─ (高田 純の放射線防護学入門シリーズ) 』

原発研究のレベルが下がると、事故の対処や廃炉が不可能になります。

最近、槌田敦さんの新著が出ていたので、買ったら、半分は過去に発表したものでしたが、読むと面白いです。

自然も放射線を出しているので、低濃度だったら健康に影響が出ません(むしろ健康にいいという統計もあります)。

Posted by おおくぼ at 2011年05月19日 01:20
やはり核実験でしたか。
東トルキスタンは、中共による現代のアウシュビッツですね。
Posted by 管理人 at 2011年05月19日 22:15
核実験はソ連もしたのですが、中国の方が規模が大きいです。
場所は、トルファンと桜蘭の間で、タクラマカン砂漠の近くです。
NHK取材班は、もの凄い汚染地域のすぐ近くで撮影したそうです。

東トルキスタンなどは少数民族の独立運動が問題になっていて、テロ活動があるので中国政府は弾圧を加えています。
でもアウシュヴィッツとは違い、逮捕&拷問を加えられ、釈放された後に死ぬ人が多いです。

あと文化大革命の時の少数民族の弾圧は酷かったです。
最近やっと、その時期の資料が読めるようになりました。

Posted by おおくぼ at 2011年05月20日 00:33
1980年代以降はロプノールで核実験をしていないようですが、それでも残留放射能が多いのですね。
64回も核実験をしていますから・・・
植物があれば多少は放射性物質を吸収するのでしょうが、砂漠ではそれもありませんね。

NHKの取材班が高濃度の放射線に被曝した恐れがあるなら、健康状態の追跡調査が必要です。
放射線による健康被害の重要なサンプルともなります。
Posted by 管理人 at 2011年05月20日 21:42
人間には自然治癒力があるので、短い期間なら多少の放射線を浴びても問題ありません。

茨城県の東海村の事故は、被曝量が異常に大きかったため、二人が亡くなり、一人が重症になりました。
参考『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』 (新潮文庫)

NHK取材班の浴びた放射線濃度は短い期間だったので、深刻な影響がないレベルのなのでは?と思います。

中国の場合は多くの人が長年住んでいるので、健康被害を訴えている人がかなりいるそうです。
Posted by おおくぼ at 2011年05月20日 23:16
Posted by おおくぼ at 2011年05月21日 23:03
地球の生命は、自然界の放射線と共存しています。しかし、被曝量が増えると有害になります。それは生命の維持に必要な酸素でも同じですね。

福島第一原発の事故は規模が甚大ですが、東海村のJCO臨界事故は、深刻さではそれ以上のような気がします。

現状でのトリウムは、レアアース採掘時に出てくる厄介な放射性廃棄物でしかありません。原子力発電に利用することで、野放図に投棄されているだけのトリウムを管理できるようになると思います。
Posted by 管理人 at 2011年05月22日 20:08
半減期の異常に長い放射性廃棄物は、コンクリートと鉛で固めて、海底に沈めるしか対処方法がない気がするのですが・・・。

東海村のJCO臨界事故は、短時間で終わったことと、臨界した量が少なかったので被害は小さくすみました。
多くの住民が被曝しましたが、長期的な健康被害を受けた人は少なかったみたいです。
現場の人達が勇気を振り絞って的確な対処をしたことが良かったみたいです。

チェルノブイリ事故では、作業にかかわった多くの人がなくなりました。
Posted by おおくぼ at 2011年05月22日 23:40
いくら原子力発電所の安全性が向上しても、放射性廃棄物の問題は残りますね。
大前研一さんは、日本海溝へ沈めてプレートに飲み込ませる処分方法を提案しているとか。
トリウム熔融塩炉にすれば本当に高濃度放射性廃棄物が激減し、さらに既存のプルトニウムを焼却できるのであれば、是非とも実用化に取り組むべきだと思います。
Posted by 管理人 at 2011年05月24日 21:22
原子炉で使う核燃料は、もの凄く少量でも莫大なエネルギーを出します。
少量だから安全という常識が通用しないのが、核エネルギーです。

半減期が長すぎる、少量でも危険となると、地上や地下では保管できません、海底しか選択肢がありません。

大前研一さんは原子力の専門家ですね。
槌田敦さんも、昔から海底投棄説を主張しています。

未だ終息していない福島県原発に関しても槌田さんは、核燃料を鉛で固めることを提案しています。
Posted by おおくぼ at 2011年05月24日 23:31
追記

今回の事故は、池田信夫さんの意見に同意できるところも多いです。

経済的な損害額は凄まじいですが、放射能汚染による死者もいませんし、重傷者もいません。
被曝した人も時間が経てば、自然治癒力で治ると思います。
深刻な汚染地域も半径数キロ以内だと推定されます。

これはチェルノブイリ事故や中国の核実験場と比較すれば、大したことはありません。

だから日本政府は丁寧に説明して、風評被害を最小限に留めるべきだと思います。
Posted by おおくぼ at 2011年05月25日 00:15
放射性廃棄物の海洋投棄は、国際的な合意を得られるかが問題ですね。
宇宙(地球の重力圏外)へ飛ばすのが一番いいですが、もの凄いコストがかかりそう…
放射性廃棄物の処理にイノベーションがない限り、原子力発電に未来はなさそうです。

池田信夫さんの言うように、日本は福島(原発)みずほ(銀行)をなんとかしないと(笑)
日本経済の風評被害を最小限に抑えて、一日も早く福島に日常を。
福島第一原子力発電所周辺の汚染地域に菜の花を植えて、バイオディーゼル経済特区にするのもありですね。
Posted by 管理人 at 2011年05月25日 23:03
大前研一さんの新著にもあるように、今後の原発開発は、日本では下火になるでしょう。

でも海外では、こらからも新規の原発開発は続くと思いますし、日本企業や日本の研究者の出番もあると思います。
Posted by おおくぼ at 2011年05月26日 08:04
ドイツに続いて、スイスが脱原発を閣議決定しました。
それでも第4世代原子炉の開発は、確実に進むはずです。
今よりも安全で、経済的な、放射性廃棄物の少ない原子炉の実用化に期待しています。
Posted by 管理人 at 2011年05月26日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。