2011年11月03日

KARAモノ礼賛

いつの時代も、異国の文物は見る者に憧憬を抱かせます。中世において、支那からの渡来品は「唐物」と呼ばれて珍重されました。名品とされた茶器は、時に一国一城に値したといいます。
足利義満や織田信長が愛した唐物の世界と交遊すべく、福井市の愛宕坂茶道美術館を訪れました。文字通り、坂に面して建っているためエントランスは3階。企画展示室は2階へと降ります。
唐物の茶器は、足利将軍家や大名が催した「書院の茶」で用いられました。豪華な「書院の茶」に対し、質素な道具で精神性を重視したのが、村田珠光に始まり千利休が完成させた「わび茶」です。とはいえ展示されている建盞天目茶碗は、決して煌びやかではありません。室町時代の書画も展示されており、ちょっとした文人気分に浸りました。複製とは書いてないので、おそらく全て本物でしょう。
1階は常設展示室。日本の茶道の歴史を、戦国時代随一の文化人大名だった朝倉氏を中心に解説しています。こちらの展示品は一乗谷朝倉氏遺跡から出土した茶器の複製で、あまり見応え無し。美術館には「尚庵」という名の茶室も併設されており、当日は外国人のための茶道講座が開かれていました。

sadou.jpg
尚庵(愛宕坂茶道美術館)

福井市愛宕坂茶道美術館 企画展「唐物〜書院の茶〜」 9月28日〜12月11日


愛宕坂茶道美術館の向かいにある、橘曙覧記念文学館にも足を運びました。
橘曙覧は幕末の歌人。アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントンが演説で引用した「たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」など、日常の何気ない楽しみを詠んだ歌(独楽吟)で知られています。常設展示では「昭和のこどもたち」で知られる人形作家・石井美千子が、曙覧の素朴な生活ぶりを再現しています。
企画展示室では、銅版画家・山本容子の『himegimi@heian』が開催されていました。文学館でなぜ絵画?と思ったのですが、『不思議の国のアリス』にインスピレーションを得て『源氏物語』や『堤中納言物語』など日本の古典に登場する少女たち(なんとなく顔つきが本人に似ている)を描いた作品群で、立派に文学しているのでした。まるで『更級日記』の作者・菅原孝標の女のように、物語の世界に入りきって描いているのが伝わってきます。
平安時代のラノベである『源氏物語』(当時の純文学は漢文でしょう)の熱烈な愛好家だった菅原孝標の女は、いわば“世界最初のヲタク少女”ですね。

tachibana.jpg
橘曙覧が隠棲した黄金舎跡(橘曙覧記念文学館)

福井市橘曙覧記念文学館 秋季特別展「山本容子の姫君たち」 10月8日〜11月29日




【不純文學交遊録・過去記事】
歴史を動かした茶会


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。