2011年11月14日

TPP交渉参加を支持します

11月11日、野田佳彦内閣総理大臣が「APEC首脳会合においてTPP(Trans Pacific Partnership:環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明しました。
野田内閣総理大臣記者会見(首相官邸)

民主党内の反対勢力に配慮した玉虫色の表現ではありますが、TPP推進論者である野田総理のこれまでの言動から、参加宣言に他ならないと思います。それなのに反対派の山田正彦元農林水産大臣が「これは参加表明ではない」と満面の笑みで総理の会見を歓迎していたのは、何度見ても笑えます。総理の慎重な発言を引き出したことで、農水族として最低限の仕事を果たし、これで有権者に顔向けができると安堵しているのでしょうか?(笑)

生産者が作りたい物を作り、商業者が売りたい物を売り、消費者は買いたい物が買える。自由な市場・自由な貿易は、世界のあるべき姿です。また、なんでもかんでも自給自足するよりも、自国で生産すれば高コストなものは輸入するのが、有限な地球の資源の効率的な分配であると思います。
ところが最近、保護貿易主義を掲げる論者が現れています。経済産業省官僚の中野剛志です。ブロガーの池田信夫から「読んではいけない本」の著者として名指しされたことで、かえって読んでみたくなりました。2ちゃんねるからデビューした経済評論家の三橋貴明、ジャーナリスト・東谷暁との共著によるTPP反対論です。



TPPといえば、日本の農業が壊滅するという話題ばかりが先行しがちです。しかし本書がいうようにTPP=農業問題ではありません。TPPには農業だけでなく24の作業部会があります。

1.物品市場アクセス
2.原産地規則
3.貿易円滑化
4.SPS(衛生植物検疫)
5.TBT(貿易の技術的障害)
6.貿易救済(セーフガード等)
7.政府調達
8.知的財産
9.競争政策
10.越境サービス貿易
11.商用関係者の移動
12.金融サービス
13.電気通信サービス
14.電子商取引
15.投資
16.環境
17.労働
18.制度的事項
19.紛争解決
20.協力
21.分野横断的事項

※物品市場アクセス分野は工業、繊維・衣料品、農業の三つの部会に分けられる。
※特定の分野を扱わないが、首席交渉官会議も一つの部会である。

本書の主張を要約すれば、TPPとは実質的に日本とアメリカの二国間協定であり、アメリカ政府の陰謀である。賛成派はTPPのごく一部に過ぎない農業を悪者にして、アメリカによる日本支配の片棒を担いでいる…ということになります。

「TPP=農業問題ではない」という主張には、大いに賛同します。ただし、私の場合は本書の著者たちとは違って、TPPという外圧がなくても日本の過剰な農業保護は断固廃止すべきとの立場です。
コメくらいは100%自給を維持しても良いと思いますが、778%ものバカげた関税は撤廃し、所得補償が必要ならば専業農家だけにすべきです。兼業農家は日本から消えてしまっても構いません。そもそも公務員の副業は法律で禁止されていますし、副業を社則で禁じる民間企業もありますが、なぜ農業の兼業は不問なんでしょうか。家業だから仕方なくやっている方も少なくないでしょうが、そんな農家に日本の食糧生産を支えてもらいたくはありません。
先ごろ、世界の人口は70億を超えました。TPPに参加すると日本の食糧輸入が増えて、世界の食糧価格が高騰するとの懸念も聞かれます。しかしながら世界の食糧生産は過剰であり、アメリカ・フランスなどの農業大国は国外に市場を求めています。
その一方で、深刻な飢餓に苦しむ貧困国があることも確かです。アフリカでは、植民地時代に部族や宗教を無視して引かれた国境線のせいで、未だ内戦が絶えません。政情不安定な国に、健全な農業を育成することが求められます。まずは、アフリカの内戦国に武器を輸出している世界第2位のGDP大国へのODAを、即刻停止しましょう。その分を貧困国の支援に回したらどうでしょうか。

日本の市場は既に十分開放されており、TPPに参加する理由はないとの意見もあります。それならばTPPに参加したところで国内産業にほとんど影響はなく、反対する理由もありません。むしろTPPへの参加で輸出がしやすくなります。
自動車には関税による保護が全くありませんが、輸入車のシェアは1割もありません。自動車は日本が最も高い競争力を誇る分野であると思われるでしょうが、自動車ほど輸入品の評価が高くて国産品の評価が低い商品はないでしょう。
混合医療を認めれば国民皆保険制度が崩壊するとの主張も、よくわかりません。保健診療に自由診療を併用すると保健診療対象分まで自己負担にされるなんて、おかしくはありませんか。
自由な市場では、消費者に商品を選択する権利があります。良くも悪くもTPPで私たちの生活は大きく変わらないでしょう。
いったん交渉に参加すると、日本に不利な条件になっても抜けられないと言うのなら、TPPそのものではなく、日本政府の交渉力のなさを批判すべきです。国際会議で各国のエゴが剥き出しになるのは当然のこと。それが嫌なら鎖国するしかないでしょう。かつて世界史上稀にみる経済成長を遂げた東洋の神秘的な島国として、孤立衰退の道を歩むのも悪くはないと思いますが。

TPPはシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国で発足しました。経済規模や文化の似た国同士なら締結しやすいでしょうが、多国間での合意となると、かなりハードルが高くなります。
それならば多国間で数多くの分野を合意せねばならないTPPよりは、個別にFTA(自由貿易協定)かEPA(経済連携協定)を、なるべく多くの国と結ぶのが良いのではないかと思います。もっとも、日米の二国間協議だとアメリカに圧倒されがちですが、多国間での交渉ならアメリカの横暴を防ぎやすいというメリットはあるでしょう。
国会議員ばかりでなく、都道府県知事にもTPP反対派がいます。日本が国を挙げてTPPに参加することに不安があるのでしたら、先行して市場開放を実施するTPP経済特区を、政府が募集してはどうでしょうか。経済特区となった地方自治体に、企業が進出したり人口が増加に転じたりすれば、頑固な反対派も考えが変わることでしょう。
いずれ日本がどこかの自由貿易圏に入らざるを得ないのであれば、出来てしまったルールに従うよりは、ルールの作成段階から参加するのが賢明というものです。

(6月13日読了)★★★


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
反TPPの人は過激な被害妄想が多いと思います。
反原発やエコロジーもそういう傾向がありますけど。

TPPは日本とアメリカだけの関係ではありません(例えばオーストラリア)。
日本とアメリカがTPPを世界にアピールすれば、多くの国が参加して国際的な貿易協定に発展するでしょう。

米の場合は、「外国産の米」で日本人が満足できるか?というところが大事です。
食料はいろいろあるわけで、米を食べないと死ぬわけではありません。

日本は規制が多く、黒船のような外圧がなければ撤廃は難しいです。
だから中野剛志准教授の言うとおり、鎖国から開国なわけです。
だから「攘夷派の妄言」に騙されてはいけないのです(笑)。
ちなみに中野准教授は開国派だそうです。

TPPは具体的には曖昧で中身は交渉次第でドンドン変わっていきます。
だからこそ、政治家の腕の見せ所です。
TPPに参加したからといって、関税が即時に全部撤廃されるわけではありません。
10年ぐらいで段々と変わっていくでしょう。

円高だからこそ、日本は輸出産業を強化すべきです。
強化するには、世界中で売るチャンスを作ることであり、政府の極力なバックアップ必要なのです。
特に中国との関係はそうです。
中国人が嫌いだから、「物を売らない買わないという態度」では不況のままです。
Posted by おおくぼ at 2011年11月14日 20:10
日本は輸出をしまくって、輸入するのはお断りでは、国際社会の同意を得られません。

TPPに参加しても、すぐに大きな変化は現れないでしょう。
コメの関税が大幅に引き下げられたところで、日本人の多くが輸入米を欲しくなるとは思えません。
自動車の関税はゼロですが、輸入車は人気が高いにも関わらず少数です。輸入されたばかりの新車は傷や塗装のムラがあって、直さなくては売り物になりません。
農産物でも工業製品でも、日本人が求める品質を満たさなければ売れないのです。もしも安さだけで輸入品が売れ出したなら、そこまで国民の購買力が低下したということで、憂える事態ではないでしょうか。

TPPは交渉次第で、自国に有利にも不利にもできます。では「野田内閣に交渉力があると思うのか?」と反対派に問い詰められたら、答えに窮しますが(笑)
Posted by 管理人 at 2011年11月14日 22:22
最近の池田信夫さんのブログを読むと、意見が合うので驚いています(笑)。
ところで経済学の古典に関するこんな本が出ています。

http://www.amazon.co.jp/要約-ケインズ-雇用と利子とお金の一般理論-J・M・ケインズ/dp/4780801710/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1321714114&sr=1-1
Posted by おおくぼ at 2011年11月19日 23:49
池田信夫さんも「TPP反対論は被害妄想」とおっしゃっています(笑)

TPPは自由な商取引が目的であり、輸入の義務ではありません。コメの関税を撤廃しろとは言っても、日本人に「外国産のコメを食え!」と強制はできません。強制したら、それこそ自由貿易の理念に反します。
ところが現在行われているミニマムアクセス米の輸入は、778%もの高関税を黙認する代わりに強制されたものです。2008年に発覚した汚染米の不正流通事件は、ミニマムアクセス米が原因でした。こちらの方がTPPよりもずっと性質が悪いことを、反対論者は理解しているのでしょうか。
自由な市場では、消費者に商品を選択する権利があります。安さで世界的に販売を伸ばしている韓国の現代自動車ですが、関税ゼロの日本市場では全く売れずに撤退を余儀なくされました。日本でよく売れているのは、国産車よりも高価なドイツ車です。

TPP反対論で唯一聴くに値すると思ったのは「農産物の関税が撤廃されれば、輸入だけでなく日本からの輸出も増えるというが、福島第一原子力発電所事故の風評被害で売れないだろう」という意見です。
しかし、風評被害が永遠に続くわけではありません。日本でもBSE騒動がありましたが、いつのことやら。今では牛丼チェーン店に客が溢れています。
Posted by 管理人 at 2011年11月21日 22:50
日本は規制が多いという議論がありますが、そんなデータは看たことがありません。完全な計画経済も完全な自由主義経済もないように、必要なところは保護をする、という考え方でどの国も政策決定をしています。鎖国か開国かという主張は乱暴すぎる意見です。
日本以上に農業保護を行っているのが米国であり、日本以上に厳しい労働規制をEU各国が規制緩和するなんて考えられません。

人によっては食料供給はある程度コントロールされた方が安全だと考える人もいるでしょうし、医療に関してもアメリカのような膨大な医療費がかかるような社会にされては困る、ということであれば保護すべきでしょう。
問題は、何を保護し、何を自由化するのかといういことについて、議論がされないままにTPP参加が決まってしまったということだと思います。

これから議論すればいいという意見もありますが、TPPのスケジュールを見ると、2011年秋までに自由化される内容は決まっており、途中から加わることを表明した日本に個別に議論する余地などありません。そう見せかけている政府の態度こそ不安を覚えます。
Posted by なかむら at 2011年11月25日 10:31
なかむら様、いらっしゃいませ。

私も、日本の市場は決して閉鎖的ではないと思います。また、アメリカ・フランス等の農産物輸出大国が、多額の農業保護を行っていることも存じております。ただ、本文でも述べましたように、所得補償は専業農家に限定すべきだと考えています。
食料の安定供給は政府の重要な役割ですが、それは自給率を上げることではありません。

政府の態度に対する不安は同感です。私は、日本政府のTPPへの交渉参加表明は遅過ぎたと悔やんでいます。
Posted by 管理人 at 2011年11月27日 21:19
残念なことに、必ずしも
「自由貿易・自由経済が万人の利益である、
わけではない」ので。

反例はいくらでも見つける事ができる、残念なことに。

せいぜい、
「自由経済は、時にある程度多くの人に利益をもたらす、
事もある。」程度なのだろうと。

突っ込みどころは多いのですが

もうひとつだけ、
「日本の市場は既に十分開放されており・・」
「それならばTPPに参加したところで」

いや、それ論旨が変でしょう。

十分の次は、普通は「過剰」になりますよね。
十分に食べたら、後はいくら食べても同じことでしょうか。
あるいは、家のドアを開けたら、もう後は壁も必要ないと?

その論の回し方は、普通は詭弁と言われる類のものかと
あらぬ誤解も招きかねないと思われます。

Posted by 名も無きななし at 2011年12月01日 00:25
アゴラの池田先生の記事から飛んで来た者ですが・・

池田さん、ネット上で色々批判されているようですね。
ごく好意的に見るなら、「学者ばか」なのでしょうが

一つのモデルにしか過ぎない図、
を現実と誤解する所などは。

いずれにしても私は素人ですので
モデルの妥当性の判断は出来かねます。

が、他分野の単純な事象も
完全に説明できるモデルも少ないようなので。

経済活動の様な、多数の人間の思惑が絡む現象
を単純なモデルで説明できるのなら、
それはそれで素晴らしい。

あるいは、素晴らしすぎてやや眉唾。

デフレの定義も何通りもある(らしい)のに
あえて一つしか上げず論じるあたり、
やや誠実さを疑う人間さえいる、かも知れません。

私は池田さんと年齢的に近いので
デフレであれディスインフレであれ、
個人的には好都合かも知れないのですが。

特に地方に行けば、
空洞化の惨状は目を覆うばかりで、若者に職がない。
それやこれやでこの10年で30万人の自殺。

池田先生のような高学歴の方には
ぜひ民の苦しみを理解していただき、
彼らを救う方法を説いて頂きたいと、
そう切に願いますね。

話がそれて失礼いたしました。
Posted by 名も無きななし at 2011年12月01日 01:11
名も無きななし様、いらっしゃいませ。

私が自由貿易・自由経済を支持するのは、利益がもたらされるからではありません。個人の自由を最大化するリバタリアニズムに共感しているからです。
しかしながら現実の社会では、言語や貨幣価値の相違によるトラブルやニセモノをつかまされるリスク、時には武力によって取引を強要されることもあります。だから国家という名の用心棒(ヤクザの親分?)よる規制や監視は必要です。
市場の勝者は敗者がいてこそ利益を得ているわけですから、税を徴収して敗者に再分配することは、倫理的に正当化されます。リバタリアンだって、病気になったり失業したりしますから、社会保障制度は必要です。
私は高学歴ではないし才能もありませんので、完全な自由競争のもとでは真っ先に淘汰されてしまうでしょう(笑)

真のリバタリアンとは経済的な利益の追求者ではなく、自分の自由と同等に他人の自由を尊重するストイックな人間であると思います。
私がリバタリアニズムに共感するのは、意外とこんな理由かもしれません。↓
「日本で自由主義やリバタリアン傾向になる人は、別にその思想フレームに引かれたというより、日本的な『世間』『空気』に、怨念に近い恨みを感じている場合が多い。だから、全うな左翼・右翼はリア充かもしれない。僕も怨念派^^」(らかんさんのツイート)
http://twitter.com/#!/allergen126

池田信夫先生を直接批判するとコメントを削除されたり、ツイッターをブロックされたりするそうなので(笑)、こういう場で書いていただくのは構いません。ただ「ななし」というハンドルネームは「荒らし」っぽいので、避けた方が良いかと思います。
Posted by 管理人 at 2011年12月04日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。