2012年01月01日

ネットワークは一般意志の夢を見るか

筆者は夢を語ろうと思う。それは未来社会についての夢だ。
(東浩紀『一般意志2.0』第一章)

新年の幕開けにふさわしい口上から始まるこの一冊から、今年の交遊を始めましょう。



18世紀フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーは、人民主権を唱えてフランス革命に大きな影響を与えました。ルソーは個人の自由を賞揚した一方で、全体主義を肯定しかねないとの批判も受けています。彼の『社会契約論』によると、個人(特殊意志)は全体(一般意志)に絶対服従すべきであると読めるのです。この大いなる矛盾を、どう解釈すれば良いのでしょうか。
ルソーのいう一般意志は、民意や世論と似ているようで実は違います。一般意志とは、単なる大衆の意見の総和ではありません。ルソーはそれを全体意志と呼んで区別しています。一般意志とは「つねに正しく、つねに公共の利益に向かう」ものなのです。
また、一般意志は統治機構(政府)そのものではありません。政府は一般意志の代行機関に過ぎず、その担い手は王であっても貴族であっても構いません。ルソーは代議制(間接民主制)を否定したことでも知られています。

一般意志も全体意志も個人の私的な利害(特殊意志)の集合ですが、前者はつねに正しいのに対し、後者はしばしば誤りを犯します。それでは一般意志とは、空疎な理念でしかないのでしょうか。
東浩紀は一般意志とは数学的存在であり、たとえ共同体の成員が一言も交わさなくとも存在するものだとします。そしてグーグルに代表される現代の情報テクノロジーによって、共同体の無意識である一般意志をデータベース化できるというのです。こうしてアップデートされた一般意志を、著者は「一般意志2.0」と呼んでいます。
しかし著者が構想するのは、大衆の欲望をそのまま反映した直接民主制ではありません。可視化された「一般意志2.0」は、選良の暴走に対する抑制力として働くとします。選良すなわち国会議員は存在するわけです。本書の主題からは逸脱しますが、著者が日本の選挙制度をどう考えているのか気になります。

本書はルソーの一般意志を文字通り(ベタに)読めば、このような解釈が可能だというものです。もちろんルソーの真意は、本人に聞いてみなければ分かりません。しかし社会思想家でありながら、ロマン主義の文学者でもあったルソーです。こういう解釈はありだろうと非常に楽しく読ませてもらいました。
ただし本書が掲げる「民主主義2.0」に対して、最後まで消せない疑念が残りました。それは「一般意志2.0」のアーキテクチャに、設計者のバイアスが入り込む余地はないのかというものです。例えば「議員定数削減」が禁止ワードに設定されていたら、大衆の大多数がそれを望んでいても一般意志として吸い上げられることはないでしょう。

とはいえ、夢を語ることは大事です。
政治家はもっと夢を語るべきだと思います。実現可能かどうかはひとまず措いて。
日本には実務部隊として優秀な官僚組織があるわけですから。

(12月29日読了)★★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:37| Comment(29) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルソーはスタリーン型独裁国家を予言した思想家だと言えると思います。
プラトンの『共和国』もそうだと言えますが、ルソーはプラトンより詳しく理想国家を描いています。
呉智英さんが主張するようにロシア革命はフランス革命の進化形態なのです。

私はルソーと違い直接民主制よりも間接民主制の方がいいと思っています。
むしろ「政治家を選ぶ人を他人に任せるメタ間接民主制」がいいと考えています。
自分で政治家を選ぶのではなく、「優れた政治家を選んでくれると信頼できる人」に選挙権を委託する選挙制度がいいと思います。
Posted by おおくぼ at 2012年01月02日 08:24
追記

ルソーと言えば『今こそルソーを読み直す (生活人新書:仲正昌樹:著)がありますね。
仲正さんによると、ルソーの理想国家はスタリーン的な独裁国家とは違うそうですが・・・。
Posted by おおくぼ at 2012年01月02日 22:51
おおくぼ様は「選挙権は権利であって義務ではない」が持論でしたね。
ご提案の選挙制度では、10人から委託された人は一人で10票投じることが可能なのでしょうか(そうすれば投票率が高くなりますね)。また、委託された選挙人が投票日に都合が悪くなったり、自分がその選挙に関心がない場合は、さらに別の人に委託してもOKでしょうか。それとも委託されたら投票の義務が生じるのでしょうか。

自分が関心のない選挙や、意中の候補者がいない場合は、選挙権を誰かに委託できると便利ですね。
私は国・都道府県は間接民主制、市町村は直接民主制が良いと思います(政令指定都市の場合、区レベルの事業は直接民主制で)。選挙権は20歳以上のすべての国民ではなく、簡単な一般常識テストに合格してから付与すべきだと思います(自動車の運転免許みたいなもの)。

東さんのルソー解釈は大変面白いのですが、ツッコミどころ満載の炎上本を書いちゃったな…という印象です(笑)
Posted by 管理人 at 2012年01月03日 01:05
私の考えは何人分でも委託可能です。
だから1人で1万人分でも投票ができます(笑)。
これは会社の面接と同じで、人事部みたいなもんです。
優れたリーダーを選ぶ自信のない人は、優れたリーダーを選んでくれると信じれる人に選挙権を委託するのです。
基本的に委託できる人は1人だけで、誰に委託したかを選挙管理委員会に通知しなければいけません。
でも誰に委託したかは、本人と委託された人と選挙管理委員会以外には秘密です。
また誰が何人分委託されたかも秘密です。
もしわかると買収される可能性が高くなりますから(笑)。
公表した場合は罰金刑がいいでしょう。

選挙権は義務教育を終えたら与えてもいいと思います(中卒程度)。
被選挙権は二十歳からでいいと思います。
選挙権はアメリカと同じで、自動的に与えられるのではなく、選挙権を申請しなければ貰えない制度にしたらいいと思います。
Posted by おおくぼ at 2012年01月03日 09:15
補足

選挙権を委託された人は、誰から委託されたかは知らないという条件の方がいいと思います。
委託された人数かわかるだけです。
委託した方は委託した人が投票に行ったかどうかがわかる仕組みすればいいと思います。
また投票する予定があるかどうかがわかる仕組みにします。
だから「投票する意思のある人とない人は誰か?」ということは、誰にでもわかる仕組みです。
Posted by おおくぼ at 2012年01月03日 09:23
選挙権委託制度の問題点は、多数から委託を受けた人に対する買収の危険ですが、おおくぼ様がおっしゃるような対策になるかと思います。
選挙権は、二十歳より下げて良いと思います。ただし未成年に成人と同等の権利を認める場合は、刑法の適用も成人と同等にすべきです。

私の考える選挙制度は、衆議院は都道府県単位の大選挙区制と、全国区(またはブロック)の比例代表制の組み合わせ。
小選挙区制は、同士討ちが避けられて政策論争ができるという点で合理的ですが、市よりも小さい単位の選挙区が出来て地域のしがらみに左右されやすいので反対。
中選挙区制は、事実上の大選挙区制なのに、小選挙区と大選挙区のいいとこどりのような誤解を与えるネーミングが嫌いです。
参議院は大選挙区制のみで、党利党略を超えて長期的視野で政策を論じる場です。また国政オンブズマンとして官庁・官僚の不正を糺します。
わかりやすく言えば、衆議院が政局院、参議院が政策院ですね。
Posted by 管理人 at 2012年01月03日 15:51
私が選挙権を二十歳未満にした方がいいと思うのは教育上の効果からです。
世界中でも若者の失業が問題視されていますが、年金と同じで若者手当を出して、若者手当を受け取る代わりに社会訓練を受けるというのがいいと思います。
日本が世界標準で高い教育効果があれば、日本国家は強くなると思うのです。
だから失業者は手当を支給される代わりに、高度な社会訓練を強制されるのがいいと思います(笑)。

参議院については無くした方がいいと思っています。
アメリカでも二院制ですが、一院制の方にした方がいいと思っています。
アメリカでも捻れ国会が問題になっています。

中央の権力を集中を無くす道州制が重要だと考えています。
消費税、所得税、法人税の徴収権も地方に移譲して、税率を地方独自に決められるようにすればいいと思います。

相続税や年金は国に徴収権がある方がいいと思います。
相続税は2千万円未満は無税として、それ以上は100%にすべきだと思います。
相続税を100%にすれば貧富の差は解消されます。
累進課税制度は必要なくなります。
また税収は毎年20兆円〜50兆円が見込めます。
国が消費税を上げる必要はありません。
もしデフレが克服したいのなら、臨時的に(例えば3年間ぐらい)消費税を休止すれば、駆け込み需要が期待できます。
でも消費税は地方の財源にすべきです。
Posted by おおくぼ at 2012年01月03日 17:09
追記

選挙に関して痛快な本はマイケル・ムーアの『どうするオバマ? 失せろブッシュ!!』(青志社:発行)です。
いろんな有権者からの選挙に関する素朴な質問にマイケル・ムーアが皮肉たっぷりに答える選挙ガイドブックです。
Posted by おおくぼ at 2012年01月03日 21:06
地方分権とは、早い話が地方分金だと思います。地方が自主財源を持てば、使い道を自分で決めることができます。
ただし良いアイデアがなければ、箱モノばかり出来るかもしれませんが(笑)
税はすべて地方が徴収し、その何割かを国に自治体の所得税として納めてはどうかと考えています。

年金・失業保険・生活保護は廃止し、社会保障を負の所得税またはベーシックインカムに置き換えるべきです。そうすれば行政が大幅に簡素化されます。
Posted by 管理人 at 2012年01月05日 22:11
現在の日本は、中央管理システムが邪魔な状態だと思うのです。
役立たずで地方の足を引っ張る存在です。
ルソーの理想としていた共同体は、日本のような人口の多い国ではなく、村レベルです。
全員が顔見知りの世界です。



アメリカの州は国です。
州法はかなり強力です。
そして州法より上位にある法律が憲法なのです。
日本の憲法は建前に過ぎません。
地方が強力になれば、中央の役割は減ります。
国会議員の役割も減ります。
問題は地方の格差をどうするかです。
アメリカでも同じですが、裕福な州と貧困な州が出てくるからです。
またアメリカは貧困層と失業者が多く、国民皆保険がありません。
日米比較は重要だと思います。



>税はすべて地方が徴収し、その何割かを国に自治体の所得税として納めてはどうかと考えています。

その方が徴税が簡単になるでしょう。
徴税システムは一本化した方がいいです。
Posted by おおくぼ at 2012年01月05日 22:46
地方分権(地方分金)による最大のメリットは、地方自治体の自主性を高まり、国会議員が地元に利益誘導をしなくて済むことです。
国会議員は本来の仕事である、国の大局的なヴィジョンを描くことに専念できます。

地方のことは、地方が決めるべきです。
しかし地方自治体の権限を拡大することに対し、地方は中央政界以上に、旧態依然とした利権の温床ではないかとの疑念もあります。
これについては、地方自治体が税収に応じて国に所得税を納めるシステムならば、国は地方自治体が脱税や不明瞭な出費をしないか、真剣にチェックすることでしょう。

大阪市の橋下徹市長が、大阪都構想を掲げています。東京都のように、府と区の間にある市を廃止して二重行政を解消するのが目的ですが、都は首都=皇居のある場所が名乗るものであり、不敬なネーミングではないかと思います。
Posted by 管理人 at 2012年01月07日 23:59
>これについては、地方自治体が税収に応じて国に所得税を納めるシステムならば、国は地方自治体が脱税や不明瞭な出費をしないか、真剣にチェックすることでしょう。

そうですね。
国は監視と注意をする役割に徹した方がいいですね。

アメリカの首都はワシントンDCで、そんなに広くはありません。
また経済の中心地でもありません。

私は未読なのですが、万城目学さんの『プリンセス・トヨトミ 』という本がありますね。
表の首都と裏の首都でしょうか。
Posted by おおくぼ at 2012年01月08日 07:31
「国会議員は国のことだけを考えるべきで、地元のことは考えなくていい」が、私の持論です。
選挙に出たら落とされますね(笑)

徴税システムで最も大事なのは、公正・公平であることです。俗に「クロヨン」とか「トーゴーサン」と呼ばれる、税の不公平感をなくさねばなりません。納めるべき人が、納めるべき税金を払う世の中になれば、消費税10%の負担に国民は納得します。
最も透明なのは、ありとあらゆる控除を廃止し、所得ではなく収入に対して課税することです。低収入層には、負の所得税(私としては所得税よりも収入税という言葉を使いたい)かベーシックインカムで対処できます。
それから消費税が10%になっても、食料品を非課税にしてはなりません。何においても、例外とか控除を設けると、そこに利権が発生します。余分な行政コストが発生します。日用的な食品と贅沢品、誰がどこで線を引くのでしょうか。食料品を非課税にしなくても、過剰な農業保護を止めれば食糧価格は下げられます。

>表の首都と裏の首都

私が「大阪都構想」と聞いて真っ先に思い浮かべたのは、大阪を首都・東京と同格に扱い、東京が災害に見舞われた場合には直ちに首都機能を代行するという案でした。
日本列島に首都が常時2ヶ所あるイメージです。いわゆる「重都論」ですね。
Posted by 管理人 at 2012年01月08日 18:13
今、本屋に置いてある『月刊 潮』掲載の高橋洋一さんと鈴木亘さんの対談がいいです。
税金改革の諸問題と解決策がわかりやすく説明しています。
立ち読みできる頁量です。
Posted by おおくぼ at 2012年01月11日 23:00
『潮』2月号、読みました。いい対談です。まずは税の捕捉率を上げて、税の不公平を解消せねばなりません。野田総理が「はじめに増税ありき」の姿勢では、財務官僚の思うままです。
社会保険料とは社会保険税であるとの主張には同感ですが、私は年金も健康保険も任意加入にすれば良いと思っています。
Posted by 管理人 at 2012年01月16日 14:41
>まずは税の捕捉率を上げて、税の不公平を解消せねばなりません。野田総理が「はじめに増税ありき」の姿勢では、財務官僚の思うままです。

だから、増税前にやるべき事があるわけです。
それが政治家の仕事です。
漁に行く(税金を獲る)には、しっかりとした船が必要なわけで、「たくさん取れればいい」とか、「とにかく掻き集めろ!」では困るわけです(笑)。
Posted by おおくぼ at 2012年01月16日 21:31
追記

税制改革は若者負担増の方向に進んでいますね。
民主主義だから仕方ありません。
でも相続税100%なら、貧富の差が解消されます。
そして相続税を年金の不足分に全額補填すれば納得する人も多いと思います。
Posted by おおくぼ at 2012年01月17日 20:19
追記 その2

高橋洋一さんの『数学を知らずに経済を語るな!』(PHP研究所:発行)を読んでますが、おもしろいです。
Posted by おおくぼ at 2012年01月21日 09:10
追記 その3

高橋洋一さんに対する批判を発見したのですが、

http://twitter.com/barukannn/

かなり鋭い批判だと思いました。
考えさせられる内容です。
Posted by おおくぼ at 2012年01月22日 20:48
民主主義だから、有権者数が多く投票率も高い、高齢者層を優遇した政策になるわけですね。
しかし有権者がみな、年金や社会保障制度が損か得かという一点だけで、投票するわけではありません。政治家は有権者受けを気にせず、大胆に自分の夢を語ってもらいたいものです。
東浩紀さんの「一般意志2.0」は、国会の審議中にネットからの若者の声がリアルタイムで届けば、選良たちはそれを無視した採決は出来ないだろうとの提案ですが…効果は低いでしょう。

「高齢者が裕福なのは、けしからん!」と憤るだけでなく、高齢者が積極的に消費したくなるような商品やサービスを生み出さなくてはなりません。高齢者の資産を振り込め詐欺に持っていかれるようでは、日本の経営者やクリエイターはダメです。
しかし、還付金詐欺なんていうのが現れるとは、よほど日本人は公務員に対する信頼が高いんでしょうね。

高橋洋一さんは、日本は借金は多いが世界一の債権国でもあり、純債務は決して多くないと主張しています。しかし、そう簡単に政府の資産が売れるわけはありません。
ただ、実際に政府の債務を資産でチャラにできなくとも、日本は多額の資産を持っているという数字上の事実が、円と日本国債の信頼を担保しているとは思います。
Posted by 管理人 at 2012年01月23日 01:56
『一般意志2.0』の感想を発見。

http://synodos.livedoor.biz/archives/1886919.html
Posted by おおくぼ at 2012年01月24日 01:31
飯田泰之さんも、選良には「一般意志2.0」の多数意見に圧されて意見を変えるインセンティブがないことを指摘していますね。
市場経済においては既に一般意志が実現しているというのは、達観であります。そして政治における一般意志の実現に欠けているのは価格だというのも、これまた鋭い指摘です。しかし結局のところ、政策決定における価格の役割を果たすものが何かという答えは出せておらず、落胆しました。
それでも、大変面白く良い記事だと思います。ご紹介ありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2012年01月29日 17:21
最近、政治家にも算数が必要だと強く思うのです。
試験を実施して公表すべきだと思う。

本屋に置いてある『月刊 Voice』に掲載されている鼎談<「「消費増税で財政再建」はまやかしだ 鈴木亘/安達誠司/飯田泰之>は、数字でわかりやすく説明しています。
鈴木亘さんのブログも数字でわかりやすく説明していていいです。
国会議員に是非読んで欲しい。
Posted by おおくぼ at 2012年03月24日 22:13
おおくぼ様、退院おめでとうございます。お大事になさってください。

政治家といいますか、選挙に立候補する人には、最低限の常識をチェックするテストがあっていいと思います。点数が足りないから立候補できないとは言わないまでも、テストの結果を投票の参考にできるとか。
すべての国民にも、投票資格を問うテストがあっていいですが。

もちろん、政治家の素養は学力や政策立案能力だけではありません。選挙に勝てる知名度や聴衆を引き付けるパフォーマンス、度重なる外遊や長時間の議会に耐えられる体力も必要です。
私が掲げる政策を実現するための「神輿」になりきってくれる人なら、能力が低くても構いません。
Posted by 管理人 at 2012年03月26日 12:41
入院初体験だったのですが、大変でした(笑)。

投票する側は、よく裏切られるということを経験していると思います。
別の表現をすると、人を見る目が無いということですね。
センター試験のような試験を政治家にして、点数だけでなく、細かい試験結果を公表するのがいいと思います。

でも政治家は優秀な秘書や後援会のバックアップあれば、補える気がするのですが・・・。
どうも現実は違うみたいです(苦笑)。

アメリカの場合は、投票権は申請しないと得ることができません。
申請していない人はかなり多いです。

地方は地方で独自の発展することが望ましいと思っています。
だから全国規模の規制は少なく、税源は地方にある方がいいと思います。
Posted by おおくぼ at 2012年03月26日 23:31
政治家は、支持者やブレーンに忠実な「神輿」であれば、本人の能力に多少難があっても大丈夫な気はします。
ただ、国会やテレビ討論等で想定外のツッコミをされた時に、切り返しが出来なくては困りますね(笑)

政党ならともかく、個々の政治家が国内外のさまざまな課題に対し、どのような考えを持っているのか、なかなか知る機会がありません。
政治家と有権者のマッチングを行うビジネスが、成り立ちそうな気がします。
Posted by 管理人 at 2012年03月28日 23:06
国会答弁は予め質問は前もって知らされてあるので、用意していれば問題ないはずです。
想定外のツッコミにはノーコメントで通すか、「後日返答する」にすればいいでしょう。

日本はもっとネットを活用した政治をすべきだと思います。
最近はツイッターをする政治家も増えていますが、ネット嫌いの政治家も多いです。
ネットを利用すれば、コストがかなり抑えられます。
貧乏人が政治家になるにはネットの利用が重要です。
だから選挙にネットを活用できるような法改正が必要でしょう。

Posted by おおくぼ at 2012年03月28日 23:24
坐骨神経痛で椅子に座るのが辛いので、スマホから更新しやすいツイッターを再開しました(ブログパーツとして貼り付けました)。
Posted by おおくぼ at 2012年03月29日 22:00
選挙にネットで投票できるようになれば、若年層の投票率は格段に上がります。
「ネットで投票」は先の話だとしても、選挙期間中にホームページやブログの更新ができない現状は、あまりにも馬鹿げています。公職選挙法は、今すぐ改正されねばなりません。
選挙カーや戸別訪問は、禁止して良いです。
Posted by 管理人 at 2012年04月01日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。