2014年09月08日

里山幻想【後編】

『里山資本主義』を読んだら、是非とも併せて読んでおきたいと思ったのが、こちら。
今森光彦さんの写真集などで目にする緑の生い茂った里山。豊かな自然の象徴のような風景ですが、あれは本来の里山の姿ではありません。



森林飽和―国土の変貌を考える (NHKブックス No.1193)

地球規模で進行する深刻な森林破壊。日本でも都会には高層ビルが立ち並び、郊外では山が切り開かれ宅地開発や道路の建設が進められています。しかし実際のところ、日本では緑が失われるどころか森林が増えているのです。
日本の森林破壊は飛鳥時代から既に始まっていました。大規模な宮城や寺院の造営で、都周辺の森林は失われていきました。戦国時代以降、農地の開発で人口が増加し、製塩や製鉄などの産業の発達もあって、森林の荒廃はますます進行します。江戸時代には日本の至る所が「はげ山」だらけになったそうです。
化石燃料のなかった時代、エネルギーは森林資源しかなく、建築はもちろん舟や道具の材料もすべて木材でした。里山とは森林資源を得るための場所であり、伐採されて荒廃し、洪水や土砂災害が頻発しました。樹木の生い茂った現在の「里山」は、かつての里山の跡地なのです。
明治以降、治山治水の意識が高まりましたが、第二次世界大戦で森林は再び荒廃。日本の緑豊かな山々は、戦後半世紀ほどで作られた風景だったのです。

現在の日本は森林は十分に回復しており、むしろ飽和状態にあるといいます。しかし量的に豊かであっても、質的に良い森林であるとはいえません。森林が豊かになった一方で、新たな問題も生じています。海岸の砂浜流出、野生動物による被害、花粉症などです。
また、私たちの単純な「自然志向」にも疑問を呈します。自然林と人工林とで土壌の維持能力に差はないそうです。森林には、生物多様性を保全するための「護る森」と人間が利用し管理すべき「使う森」とがあるといいます。
一般向けの書物にしては専門的な用語・表現が多くなっていますが、決して読み難い本ではありません。東日本大震災の大津波で失われた海岸林の再生や、近年頻発する大規模土砂災害のメカニズムなど、興味深い話題を多く取り上げています。
森林に対する常識を一変させる一冊です。

(満足度 ★★★★★)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。