2012年08月27日

ものを書くということ

8月26日、福井県立図書館で作家・雀野日名子氏の講演会「ものを書くということ―私と福井」を拝聴しました。 
幽怪談文学賞短編部門大賞および日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した雀野さんは、福井市出身。私の高校の先輩でもあります。



早く親元を離れたかったという雀野さん。大阪の大学に進学しましたが、卒業後は家庭の事情で実家に戻りました。仕方なく福井に戻った雀野さんは、書店と図書館に足繁く通うようになります。本は読む者を拒まず、時代と場所を超えて友達になってくれます。それまでの雀野さんは、受験の参考書以外、あまり本を読まなかったそうです。
塞ぎ込みがちだった雀野さんは、母親から「あなたは本が好きだから」と、気分転換に文章教室へ通うことを勧められました。コンテストに入選するうち、雀野さんに物書きになりたいという夢が芽生えてきました。家族には内緒で新人賞に応募し始めたのですが、父親にばれた時は「作家なんかで親を養っていけるのか」と怒鳴られ、一晩中殴られたと言います。
二次選考、そして最終選考までは進むものの、雀野さんに受賞の知らせは訪れませんでした。その間、洋画の翻訳ノベライズやゴーストライターの仕事をしていたそうです。
転機は、福井城址のお堀端を歩いていた時のこと。アメリカ人らしき外国人が、堀にガムを吐き捨てました。福井城址の堀は、昭和20年の米軍による空襲で、炎から逃れようと飛び込んだ市民が数多く犠牲になった場所。母親から戦災の悲劇を聞かされて育った雀野さんは、福井市民にとって特別な場所が汚されたことで、薄れていた郷里への思いが甦ったのです。
そこで福井に題材を採った作品で新人賞に応募したところ、それまで落選続きだったのが嘘のように、一発で受賞。小説家としてのスタートを切りました。

講演が予定の時間よりも早く終わったので、質問に答えてくださいました。
Q.雀野さんといえば怪談作家ですが、〇〇作家と呼ばれることは、作家にとってプラスですかマイナスですか?
A.怪談・ホラーのつもりで書いたわけではない作品を、これって怪談だよねとか、ホラーなのに怖くないねとか言われるのは困るかな。
Q.ペンネームの由来はなんですか?
A.当時は勝ち組・負け組なんていう言葉が流行っていたが、弱ったスズメの雛が頑張って生きている姿に共感して。
Q.『トンコ』でブタを主人公にした理由は?
A.料理を作ろうと冷蔵庫から豚肉を取り出したとき、肉の模様がみな同じで、これって一頭のブタだったんだなと思ったのがきっかけ。人間社会を擬豚化した作品だと言った書評家もいるが、そんな高尚な理由はない。
Q.これから獲りたい文学賞はありますか?
A.そんなことを言える立場ではありません。作品で福井のイメージを悪くしてしまったので「福井の足を引っ張ったで賞」なら貰えるかも。
Q.『山本くんの怪難』が面白かった。続編の予定はありますか?
A.3.11前に書いたのですが「福井に新幹線を誘致しないと、原発を停めるぞ」なんていう話ですから、問題があり過ぎてもう書けません。
Q.雀野さんと同じ高校の出身です。学園ものを書くつもりはありますか?
A.高校にも学校の七不思議って、あるのかな。あったら教えて欲しい。

今回の講演会の予習として読んだのが、第15回日本ホラー小説大賞短編賞作『トンコ』(角川ホラー文庫)。終始、高速道路で横転事故を起こしたトラックから、逃走したブタの視点で描かれる物語です。これがホラー?どこが怖いの?と突っ込みを入れる方も多かろう作品ですが、このなんとも奇妙な世界「感」は唯一無二でしょう。
よりホラーらしいのは、同時収録の『ぞんび団地』と『黙契』ですが、どちらも怖さよりは哀しさが強く残る作品です。ただ、グロテスクな描写が多いので、私のように活字が脳内で映像に変換されてしまう方は、ご注意ください。

地元の伝説や怪談を作品のモチーフに採り入れている一方で、学生時代はとにかく福井から出たかったと語る雀野さん。実は福井の県民性とか地域社会のしがらみといったものが、お嫌いな印象を受けました。



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

美学+ミステリ

またひとつ、ミステリ小説の新人賞が誕生しました。海外モノのSFやミステリでおなじみ、早川書房が主催するアガサ・クリスティー賞です。
第一回受賞作となったのは、森晶麿の『黒猫の遊歩あるいは美学講義』。アガサ・クリスティーならぬ、エドガー・アラン・ポーの作品群をモチーフとした連作短編集であります。



語り手はポー(作中での表記はポオ)の研究者で、大学院の博士課程に在籍する女性。語り手が体験する不可思議な出来事の謎を解き明かすのが、24歳の若さで美学教授に抜擢された「黒猫」と渾名される男性です。
各章はポーの作品のみならず、古今東西の作家や芸術家の作品論を絡めて構成されています。例えば第一話の『月まで』は、ポーの『モルグ街の殺人事件』を縦糸に、ジョルジュ・オスマンによるパリの都市計画と日本の『竹取物語』が横糸として織り込まれています。

収録作品されているのは、以下の6編(カッコ内はモチーフとなったポーの作品)。
『月まで』 (モルグ街の殺人事件)
『壁と模倣』 (黒猫)
『水のレトリック』 (マリー・ロジェの謎)
『秘すれば花』 (盗まれた手紙)
『頭蓋骨のなかで』 (黄金虫)
『月と王様』 (大鴉)

美学者と云う人種は、こんなにも面妖な理由で死ぬのでしょうか。飛躍しすぎでは。
日常的には起こらない偶然で、たびたび登場人物が結びつくのも都合が良すぎます。
どんなに自然界が神秘的でも、これは絶対に有り得ないという現象まで発生します。
これらは虚構の世界の出来事だからと、許すしかないのでしょうか。
それからポーの作品を論じるのが語り手の院生ではなく、若き教授の黒猫君というのもしっくり来ません。出る幕のない彼女が可哀そう。

いろいろと文句を書きましたが「美学+ミステリ」という今まで読んだことのない作風は新鮮で、雰囲気は十分に楽しめました。
ペダンティックでスノッブな文章は鼻につきますが、こんな洒落た会話を誰かとカフェで交わしてみたくなる、そんな読後感です。
一言でいえば、薀蓄系日常の謎ミステリ。ちなみに著者は、大学院の芸術学研究科博士前期課程を修了しています。

巻末の選評では、ポーの『黒猫』のネタバレが強く批判されていました。
私は既読なので影響はありませんでしたが。

(11月27日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

私は誰?ここは何処?

1991年、郷ひろみの物真似で知られた歌手・若人あきら(現・我修院達也)が熱海の海岸で失踪し、三日後に小田原で記憶を失った状態で保護されました。ドラマや漫画の登場人物が頭を打って「私は誰?ここは何処?」と呟くのは、もはや古典的なギャグですが、事故で記憶を失うことが本当にあるのを実感した出来事でした。
そんな古い話を思い出したのは、第21回鮎川哲也賞を受賞した山田彩人の『眼鏡屋は消えた』を読んだから。失われた記憶という時間の壁に挑むミステリです。



森野学園高校の藤野千絵は、演劇部の部室で何者かに後頭部を殴打されて、記憶を失いました。学園祭で演じる創作劇「眼鏡屋は消えた」の稽古中に…
ところが千絵は演劇部の部員ではなく、演劇部顧問の英語教師になっていました。高校時代から今日までの8年間の記憶が、すっかり失われていたのです。

「眼鏡屋は消えた」の脚本を書いたのは、千絵の親友・竹下実綺。
そういえば実綺は今、どうしているのだろうか。しかし千絵は、実綺が既にこの世の人でないことを知らされます。しかも、高校の学園祭の直前に自殺していたのです。
あの生命力旺盛な実綺が、自殺なんてするはずがない…千絵は失われた8年間を取り戻すべく、当時の関係者たちと連絡を取り始めます。

そんな一人が、演劇部の幽霊部員だった戸川涼介でした。練習には全く参加しないくせに、他の部員の演技に対して偉そうに講評を述べていたイヤな奴。しかしルックスだけは、面食いの千絵好みな超イケメンです。
涼介は就職した会社が倒産し、現在は犬猫探しの依頼しか来ない探偵見習い。千絵の依頼に対し、探偵としての報酬を要求します。相変わらずイヤな奴ですが、いま頼れるのは涼介だけ。二人のドタバタ調査が始まります。

「眼鏡屋は消えた」のストーリーは、3年前(現在の時系列からでは11年前)に森野学園高校で男子生徒が変死した事件がモデルとなっています。しかし劇の内容を知った保護者たちから非難の声があがり、上演中止の危機に瀕していました。そして8年後、演劇部顧問として再びこの劇を演じようとする千絵にも、中止の圧力がかかります。
千絵が殴打されたのは、上演反対派による実力行使なのか。劇の脚本には、触れてはならない学園の暗部が隠されているのか。そして竹下実綺の死の真相は…

物語の大部分は、千絵と涼介のダイアローグで進行します。
そのテンポの良さで一気に読ませてくれる作品でしたが、会話だけで「事実」が積み上げられていく展開には、登場人物のご都合主義に陥る危うさを感じました。巻末の選評でも「推理ではなく推論」との辛い評価をされています。
ただ、その「ご都合主義」とやらが、事件の真相を見え難くしていたのです。

鮎川哲也賞作品で毎度おなじみの選評。今回も笠井潔・北村薫・島田荘司・山田正紀の4氏ですが、各人の思い入れはそれぞれ。島田荘司は、本作中の小エピソードに異常な関心を示しています。
惜しくも受賞には至らなかったものの、アイデアは秀逸な作品もあったようで、日の目を見る機会があればぜひ読んでみたいですね。

(11月23日読了)★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

午前零時のシンデレラ

これまでに読んだことがない新しい作家を開拓しよう!
そこで手に取ったのが、1980年代生まれの新鋭作家たちによる作品集。



『放課後探偵団』というタイトルから想像されるように、学園ミステリの競作です。
これから単行本デビューする予定の作家の卵さんもいます。
収録されているのは以下の5作。
似鳥 鶏 『お届け先には不思議を添えて』
鵜林伸也 『ボールがない』
相沢沙呼 『恋のおまじないのチンク・ア・チンク』
市井 豊 『横槍ワイン』
梓崎 優 『スプリング・ハズ・カム』

これは巧い!と思ったのは『恋のおまじないのチンク・ア・チンク』。
そして『スプリング・ハズ・カム』はラストシーンに胸が熱くなります。
この2作が気に入りました。

(7月30日読了)



そういうわけで、第19回鮎川哲也賞を受賞した相沢沙呼の『午前零時のサンドリヨン』でございます。
学校では無口で、いつもひとりぼっちの酉乃初。でもマジックを披露するときは、別人のように生き生きとしています。実は彼女、放課後はレストランバー「サンドリヨン」でマジシャンのアルバイトをしているのです。
そんな酉乃さんに一目惚れしてしまったのが、ポチこと須川君。酉乃さんのマジックの力を借りて、学園で起こった不思議な現象を解き明かそうとします。いわゆる日常の謎ミステリです。
謎解きの過程で浮かび上がる、高校生たちの微妙な人間関係。酉乃さんが名探偵のごとくサラリと事件を解決するのではなく、途中で大失態を演じてしまうのもいいですね。孤独を抱える酉乃さんに感情移入しながら読みました。
サンドリヨンとは、フランス語でシンデレラの意味です。

鮎川哲也賞の受賞作品は、巻末に選評が掲載されています。プロに選ばれる作品は概して一致しているのかと思いきや、4名の選考委員(笠井潔・北村薫・島田荘司・山田正紀)の意見が見事にバラバラなのが面白いですね。

(8月21日読了)★★★★



待望のシリーズ第2弾が『ロートケプシェン、こっちにおいで』。
『放課後探偵団』で既出の『恋のおまじないのチンク・ア・チンク』が収録されていて、連作ストーリーの一部を成しています。些細なきっかけから起こった女子生徒間のいじめがテーマ。なんとか彼女たちを仲直りさせようと、ポチ君が酉乃さんを巻き込んでお節介をやきます。
少しずつ酉乃さんとの距離を縮めようと画策するポチ君ですが、そこに割り込んでくる曲者が、酉乃さんとは幼馴染みの八反丸芹華。かつて酉乃さんをいじめたことがあり、それでいて彼女を一番理解しているのは自分だと主張する気の強い少女です。今後も八反丸さんが、物語を掻き回してくれそう。
このシリーズ、物語はポチ君の視点で進みますが、彼は重度の太腿フェチ。ちなみに作者は男性です。そうそう、ポチというニックネームの由来も気になりますね。
なお、ロートケプシェンとはドイツ語で赤ずきんのこと。

ミステリ作家にしてマジシャンといえば泡坂妻夫が有名ですが、相沢沙呼も自らマジックを嗜むことで知られています。

(12月12日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

オカルト物件ございます

日本には平将門の首塚や羽田空港の大鳥居など、どんなに剛腕のゼネコンでも手を出そうとしない「いわくつきの物件」があります(事の真偽はさて措いて…)。



なにやら、とてつもなくおバカな小説があるとの情報を得ました。それは小説家エージェントのボイルドエッグス新人賞を受賞した蒲原二郎の『オカルトゼネコン富田林組』。
まず、装丁が笑えます!
小学校の図書室でおなじみ、ポプラ社の『少年探偵団シリーズ』や『怪盗ルパン全集』にそっくり。ただし、とても小学生には読ませられない「R18」なネタが散りばめられております。

Fランク(誰でもFreeで入れる)私立大学を卒業した田中たもつは、奇跡的に一流大学卒しか入れない大手ゼネコンの富田林組に入社しました。
夢にまで見た甘いオフィスラブを期待したのも束の間、たもつは入社式の会場から怪しい地下の一室へと連れて行かれます。そこは総務部庶務二課資料調査室、通称「調査部」のオフィスでした。
富田林組「調査部」が手掛ける二大事業。それは恐ろしい祟りがあると噂されるオカルト物件と、自衛業の方々(注;自衛隊のこと)が秘密裏に整備を進める防衛施設。
新卒社員とは思えない破格の報酬と引き換えに、たもつは体を張って怪しげな工事の完了を見届けるのです。



続編の『オカルトゼネコン火の島』は、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島を思わせる孤島が舞台。
島の自衛隊基地を大噴火から護るべく、火山神の怒りを鎮める人身御供となった田中たもつ。果たして生還できるのか。
バカバカしさ全開の作品でありますが、最後には一転、読者をホロリとさせるのも本シリーズの魅力です。

(5月30日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

絶滅危惧少女

オンライン書店ビーケーワンのメールマガジンで知った、荻原規子のファンタジー小説『RDG』(レッドデータガール)シリーズ。
レッドデータといえば、動植物の絶滅危惧種を意味します。稀少な動植物を採集・保護して未来へと遺す物語かな…と思いきや、バリバリの横文字タイトルにも関わらず、日本の神話・民俗世界をベースにした和風ファンタジーなんだとか。『角川銀のさじ』シリーズというジュブナイル向けレーベルの作品ですが、これは是非とも読んでみたくなりました。

【送料無料】RDGレッドデータガール(仮)

【送料無料】RDGレッドデータガール(仮)
価格:580円(税込、送料別)



世界遺産に登録された熊野古道に建つ玉倉神社。
鈴原泉水子は、宮司である祖父と一緒に暮らしています。父はIT企業のプログラマーで、2年前にシリコンバレーへ渡って帰国することは稀。母は警視庁公安部で潜入捜査に従事しているため、なかなか連絡が取れません。
玉倉神社は標高千メートルもの山頂近くにあり、中学校への通学は黒塗りのセダンでの送り迎え。通学に時間がかかるので部活動に入ることができず、同級生の家に遊びに行ったこともありません。泉水子は、生まれてから一度も山を下りたことがないのです。

そんな泉水子が中学3年生になり、修学旅行の季節がやってきました。
生まれて初めて山を下り、大都会・東京へと向かいます。
泉水子は極度の引っ込み思案で、運動が大の苦手。パソコンや携帯電話も使えません。まるで現代に迷い込んだ古代人のような泉水子ですが、実は電子機器をフリーズさせる特殊な能力があるようです。
泉水子のもつ特殊な能力の正体とは、そして彼女の家系に秘められた謎とは…

荻原規子は『勾玉』シリーズなど、日本神話を題材にした物語を得意とする作家。
『RDG』シリーズは2008年から年1作のペースで刊行されてきましたが、今年は5月の第4作に続いて、秋には第5作も出る予定。さらには大人の読者を狙っての(?)文庫化も始まるなど、一大攻勢を掛けてきています。今年下半期は『RDG』シリーズが、出版界を席巻しそうな予感。
第1作『はじめてのお使い』は、これから始まる物語のあらましという感じ。この先どんな展開が待ち構えているのか、とても気になります。

(6月16日読了)★★★★



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

初心者は絶対に読んではいけません

第64回日本推理作家協会賞は、麻耶雄嵩の『隻眼の少女』が受賞しました。
麻耶雄嵩といえば、ミステリという小説の形式そのものを問う問題作・実験作(メタ・ミステリやアンチ・ミステリと呼ばれる)で知られています。『隻眼の少女』で彼の作品に初めて触れた読者は、その結末に驚愕したことでしょう。
しかしながらリピーターにとっては、ミステリの枠組を破壊するようなプロットこそが、彼の持ち味なのであります。

【送料無料】メルカトルかく語りき

【送料無料】メルカトルかく語りき
価格:840円(税込、送料別)



麻耶雄嵩の作品の多くで探偵役を務めるのが、シルクハットにタキシードがトレードマークのメルカトル鮎。自ら銘探偵と名乗り、無謬の推理を誇る倣岸不遜な男です。
日本推理作家協会賞受賞後第一作『メルカトルかく語りき』は、銘探偵メルカトル鮎が超絶の推理を繰り広げる5つの難事件を収めた短編集。いずれも精緻なロジックを積み重ねた完璧な推理でありながら、最終的に導き出される結論は、ミステリ小説にあってはならないもの。
メルカトルファンなら思わずニヤリ。そうでない人にとっては、理解の範疇をはるかに超えた前衛的な作品です。ビギナーは絶対に読んではいけません!

※この先、麻耶雄嵩ビギナーの方はご注意ください。


続きを読む
ラベル:麻耶雄嵩
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

地球規模のミステリ

密室だのアリバイだの、そんなせせこましい事件はもう飽きた。もっとスケールの大きなミステリが読みたいとお嘆きの貴方。
あるんです。地球規模のトリックを仕掛けた壮大なミステリが。

【送料無料】バミュ-ダ海域の摩天楼

【送料無料】バミュ-ダ海域の摩天楼
価格:945円(税込、送料別)



本作は『バミューダ海域のドラゴン』と『熱砂の摩天楼』の二話を収録。

極秘の最新機器を搭載したアメリカ空軍輸送機が消息を絶ちました。国家の威信を揺るがす事件を秘密裏に解決すべく、情報保安局総合調査課のリリー・クレメンタインは、ウェルズリー工科大学特任教授“Drショーイン”に接触を図ります。
リリーの前に姿を現した教授は、どう見ても子供。しかし“Drショーイン”こと松蔭クルトは、13歳にして工学・生物学・考古学・宇宙物理学など八つの博士号をもつ天才少年なのです。
輸送機が消息を絶った場所は、不可解な遭難事故が多発していることで名高い、かのバミューダ・トライアングル。そしてレーダーに映し出されたドラゴンの姿。輸送機を墜落させたのは、未知なる巨大生物の仕業なのか…
場所が場所だけに「さあ、ここから先はトンデモ全開か?!」と思いきや、事件は見事なまでにロジカルな解決へと導かれるのです。地球規模で仕掛けられた陰謀も圧巻。

後半の『熱砂の摩天楼』では、ショーインが考古学者ぶりを発揮。古代ペルーのシカン文明が遺した呪われたピラミッドの謎に挑みます。
超絶的なスケールの『バミューダ海域のドラゴン』を読んでしまった後では、サプライズ度はそれほどでもありませんが、こちらもサイエンスとミステリが融合した知的な謎解きを堪能できます。

(5月8日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

うげらぽん!

これまでメフィスト賞作家を追いかけてきましたが、失礼ながら生理的に受け付けない作風の作家さんもいらっしゃいます。
例えば、やたらとルビを振った文章が目障りで、とても読むに堪えないのが古野まほろ。女子バレー部と書いて「じょしばれ」と読ませる「厨2」なセンスも、ちょっと…

【送料無料】群衆リドル

【送料無料】群衆リドル
価格:1,890円(税込、送料別)



しかし、これなら読めそう。
「雪の山荘、謎めいた招待状、犯行予告、密室、ダイイング・メッセージ、名探偵など、本格ミステリのあらゆるガジェットを駆使」したという新作『群衆リドル』。出版社のキャッチコピーを読む限り、正統派のミステリではありませんか。

浪人生・渡辺夕佳のもとに、大日本帝国政府の迎賓館「夢路邸」で催される祝宴の招待状が届きます。差出人は外務省大臣官房儀典長の鳳林寿太郎。夢路邸の所有者でもあります。
祝宴に招待されたのは大学病院の医師に、その教え子である研究者、新聞社の科学論説委員、元警察官の探偵、消費者金融の支店長、そして京都の女子高校生。面識のある者同士もいますが、見事にバラバラの顔ぶれ。しかも彼らに送られた招待状は、すべて差出人が異なっていました。夕佳の招待主である鳳林もまた、外務省の部下によって招待された宴客のひとりに過ぎなかったのです。
探偵役は夕佳の先輩で、天才ピアニストの八重洲家康(これまた大層なお名前)。吹雪のなか、陸の孤島と化した迎賓館で起こるマザーグースに見立てた連続殺人。全く無関係に思われた被害者たちを、ひとつに結ぶものは何なのか。

副題は「Yの悲劇’93」となっていますが、エラリー・クイーンの作品を読んでいる必要はありません。
密室殺人のトリックや、登場人物をひとつに結ぶ事件は、かなりトンデモ。それでも普通に読めて普通に楽しめる作品ではないかと思います。
普通に読めるとは言っても、そこは古野先生。意味不明なセリフ多し。「うげらぽん」ってなに…(笑)

(4月18日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

人虎は災厄を招く

平凡な官吏で生涯を終えることを潔しとせず、職を辞し、詩人として身を立てることを決意した唐の役人、李徴。しかし夢破れた李徴は、発狂し、行方不明となり、獰猛な人食い虎へと姿を変えてしまいました。
国語の教科書でおなじみ中島敦の『山月記』は、人虎伝と呼ばれる支那の怪異譚をモチーフとしています。

【送料無料】琅邪の虎

【送料無料】琅邪の虎

価格:945円(税込、送料別)



第44回メフィスト賞を受賞した丸山天寿『琅邪の鬼』の続編が刊行されました。
戦国時代を制して天下を統一した、始皇帝こと秦王政。彼の残された野望は、不老長寿の仙薬を手に入れること。秦王は、神仙の地への入り口とされる山東半島の港町・琅邪を優遇し、12年間免税としました。おかげで琅邪は急速に発展しましたが、ひと稼ぎしようと各地から人々が流入し治安は悪化。琅邪の求盗(今でいう警察官)・希仁の前に、ふたたび難題が立ち塞がります。

琅邪山の虎が里に降りて人となり、神木の下で連続殺人が起こり、始皇帝の観光台が崩壊する…これらは古代の琅邪王の祟りなのか。紀元前が舞台の作品なので、たとえ超常現象的な事件であっても許せてしまうのですが、そこはミステリらしく合理的に解き明かされます。
本作のもうひとつの魅力である、痛快なアクションシーンも健在。小剣使いの狂生、その妻で馬術に優れた桃、上海雑技団もビックリの身軽な飲み屋の女主人・蓮。三人の武術は人間離れしていますが、事件はフェアに解決されるのでご心配なく。
最後に事態を収束させるのは、狂生の兄・無心。秦に滅ぼされた韓の出身で、国家転覆を目論んでいます。私が最も好きな登場人物です。

次回作は『咸陽の闇』と予告されています。いよいよ秦の都が舞台です。
著者は邪馬台国研究をライフワークとし、日本人のルーツを探るうちに小説の構想へと至りました。徐福たちは始皇帝と対決し、琅邪の船団を率いて日本列島を目指すのでしょうか。徐福伝説と日本建国について、著者の壮大な仮説が披露される日を楽しみにしています。

(1月17日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
ミステリに中国人が登場したっていいじゃない
棄てられた神
【関連サイト】
丸山天寿生存日記
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。