2010年07月02日

ミステリに中国人が登場したっていいじゃない

浦賀和宏(受賞時19歳)、西尾維新(同20歳)、佐藤友哉(同20歳)など若い作家を生み出してきた講談社のメフィスト賞。
最新(第44回)の受賞作『琅邪の鬼』を書いた丸山天寿は55歳、これまでで最年長の受賞者となりました。古書店主として豊富な読書量を誇り、日本人の起源を探るうちに構想に至ったという物語です。



秦の始皇帝の時代。
山東半島の港町・琅邪(ろうや)は、現世と異界の境と呼ばれていました。
琅邪の海上には、突然この世のものとは思えない浮島が出現するのですが、誰一人として島にたどり着いた者はいません。歴代の支配者も、この島には手を出そうとしませんでした。
ところが秦王政(始皇帝)は、神仙の島を我が物にしようと、琅邪の地へやって来たのです。秦王は方士の徐福に、不老不死の仙薬を手に入れるよう命じます。
琅邪には徐福の研究所と造船所が、秦の資金で建てられました。さらに秦王は、琅邪を12年間免税にしたのです。

徐福の研究所が出来てから、琅邪の町には多くの人々がやってきて賑やかになりましたが、おかげで犯罪も増えました。
琅邪の求盗(警察官)である希仁のもとへ、新興の大商人・西王から、屋敷に鬼が現れるとの相談が持ち込まれます。家人が知らぬ間に品物の位置が変わっており、斉の王室に伝わる「双龍の璧」が消えたのだと言います。璧とは「完璧」の語源となった宝物のことです。
支那の「鬼」は、人智を超えた不思議な現象全般を指します。その後も琅邪では、花嫁がいなくなったり、死者が甦ったり、屋敷が一晩で消失したりと、不可解な事件が続発。琅邪に災いをもたらす鬼の正体とは…


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

これからの「真理」の話をしよう

人間はなぜ生きているのか?
宇宙ってなんだろうか?
1+1はなぜ2になるのか?

世界の真理や人生の意味を求めて、思考の泥沼で格闘していた若者も、進学し就職して、いつしかツマラナイ大人の一人になります。
もしかしたら、未だに真理を追い続けている、大人になれない不器用な人もいるかもしれません。



澤村勇介は、何でもかんでも徹底的に思い詰め、考え詰めてしまう高校生。日々の思考をルーズリーフに書き留めていました。
勇介のルーズリーフに目を留めたのは、読書家で軽音楽部のギタリスト、JJ(岡田修作)。将来は東大に入るのか、それともプロのミュージシャンになるのかと、噂される男です。勇介に共感したJJは、彼を「思想結社X」に誘います。
「思想結社X」のもう一人のメンバーは、勉強もスポーツもできる学園のアイドル、ミズキ(北沢美月)でした。勇介は思わぬきっかけで、憧れの美少女と急接近することになったのです。

三人はキャンプをしたり旅行をしたりして、哲学問答を繰り返していましたが、やがて卒業という別れの日がやってきます。JJとミズキは日本の最高学府・東大へ進学。しかし勇介は進路を決めておらず、上京する二人を見送りました。永遠の友情を誓って。
7年間の放浪の末、勇介は世界を統一的に記述できる、究極の真理を解き明かしたと宣言します。自らの到達した真理を世界に認めさせるべく、彼の戦いの日々が始まりました。数々の職業を転々とし、精神病を患い、自殺未遂までした著者・鈴木剛介の半生が重なってきます。

※この先、未読の方はご注意ください!

続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

1旧84(後編)

ウィンストン・スミスは、真理省に勤務する党員です。党の政策と矛盾した過去の記録を削除し、現状に即した内容に書き改めるのが彼の仕事。いわば歴史の改竄です。
かつて自分が見聞きしたはずの記憶が、なかったことにされていく。党の支配体制に疑問を感じたウィンストンは、禁じられた行動に出ます。それは日記を付けること。第一級の思考犯罪です。



一九八四年新訳版

真理省には、黒髪の若い女がいました。豊満な肉体を持ちながら女を感じさせず、見るからに党のイデオロギーに忠実そうな潔癖さを湛えています。
もしかすると彼女は、党内の非正統派を嗅ぎつけて当局に告発する、思考警察の手先かもしれない。ウィンストンは彼女を恐れ、憎んでいました。

仕事を終えたウィンストンは、この国の失われた記憶を求めて、プロール(労働者階級)たちの暮らす貧民街へ出かけました。
党員たちは、余暇に地域活動へ参加することが推奨されており、プロール街へ出向くことは好ましい行動ではありません。
そこでウィンストンは、あの黒髪の娘と出会ってしまうのです。

党員たちの暮らしは生活物資が不足しており、密かにプロール街の自由市場で日用品を手に入れています。にもかかわらず、物資の生産量が毎年増加していると発表する潤沢省。そして過去の発表を都合よく改竄する真理省。
その名称とは正反対に、真理省は虚偽を、平和省は戦争を、愛情省は拷問を、潤沢省は欠乏を担っているのです。矛盾した事柄を同時に受け容れる「二重思考」が、ビッグ・ブラザーの党員に求められる資質です。

旧ソ連・東欧諸国の日常は、実際にこんな感じだったのだろうかと思わせるリアルな筆致。権力とはいかなるものかを考える契機を、現代の私たちにも与えてくれます。
解説はネタバレ有りなので、最後に読みましょう。

(5月2日読了)★★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
1旧84(前編)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

1旧84(前編)

村上春樹の『1Q84』がベストセラーになっているので、交遊しました…ジョージ・オーウェルの『1984年』と。
1949年にイギリスで発表された「旧作」ですが、昨年新訳版(高橋和久訳)が刊行されました。現代の最も不可解な作家、トマス・ピンチョンによる解説というオマケ付きです。



一九八四年新訳版

1950年代の核戦争のあと、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアという三つの超大国が覇を競っていました。
オセアニアは南北アメリカとイギリス、ユーラシアはロシアとヨーロッパ、イースタシアは日本を含む東アジアを領土としています。そして三大国の統治が及ばない空白地域(アフリカ・中東)では戦争が絶えず繰り返され、三大国はその都度、敵になったり味方になったりしています。

オセアニアでは、ビッグ・ブラザーの率いる党が独裁体制を敷いていました。
国民は党中枢、党外郭、そして大多数の労働者階級に分かれ、人々の行動は常にテレスクリーンで監視されています。
政府は四つの機関から成り立っています。報道・娯楽・教育などに関わる真理省、軍を指揮する平和省、法と秩序を司る愛情省、経済・産業を統括する潤沢省です。

オセアニアの言語は、英語が簡略化された「ニュースピーク」に置き換わろうとしています。例えば「良い」の反対の意味を「良くない」と表記すれば、「悪い」という単語は必要なくなります。
語彙を少なくすることで、人間の思考の幅を狭め、思想・言論を統制しやすくするのです。

全体主義社会を論じるにあたって、必ずといっていいほど言及される、オーウェルの『1984年』。物語の設定は知っていましたが、登場人物や物語の結末は知らないままでした。
イギリスで、読んでいないのに読んだふりをしてしまう本の第一位が、この『1984年』だそうです。

つづく
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

母を訪ねて…

江戸時代に建てられた、広大な武家屋敷の離れ。
その床下に設えられた氷室には、ミイラ化した死体。
ところがミイラとなったはずの男が、毎日のように屋敷の主の前に現れる。
さらには空から人が降り、塀が血を流し、壁の色が一晩で真っ白に…



武家屋敷の殺人

呪われた武家屋敷が舞台のミステリ。
とはいっても時代劇ではありません。

どんな依頼でも引き受ける物好きな法律事務所に勤める、若手弁護士の川路弘太郎。ある日、二十歳くらいの女性から、自分の生家を探して欲しいとの依頼を受けます。
依頼人の静内瑞希は、生後間もなく小さな籠に入れられて、八王子市の児童養護施設の前に置き去りにされました。籠の中には手紙と現金、そして母親と思われる女性の写真と日記帳。
瑞希の母・怜子は、江戸時代から続く資産家が、芸者に生ませた隠し子でした。

手紙と日記を書いたのは怜子の異母兄、つまり瑞希の伯父です。
日記帳に書かれていたのは、武家屋敷で起こった奇妙な現象の数々。しかし具体的な地名は一度も出てきません。果たしてこれだけの手掛かりで、瑞希の生家は見つかるのでしょうか。
瑞希の依頼を馬鹿にしつつも、なんとかなると言うのは、川路のリバーカヤック仲間である那珂邦彦でした。

妄想としか思えない日記から武家屋敷を探し出す、邦彦の破天荒な推理が圧巻。これだけで一冊のミステリになりそうですが、まだ序の口です。
川路たちがたどり着いた武家屋敷では、新たな事件が発生。20年前に起こった惨劇と合わせて、推理は二転三転(さらに四転五転…)。
最後の最後まで読者を翻弄します。

(2月11日読了)★★★★


この先、未読の方はご注意ください。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

真犯人は別にいる

ミステリには、合作によるものが結構あります。
日本では岡嶋二人、海外ではエラリー・クイーンが有名です。

二階堂黎人と千澤のり子という組み合わせ。この二人は以前、宗形キメラという合作ペンネームで作品を出しています。その作品(『ルームシェア』)は読んでいないのですが、今回はちょっと気になって読んでみました。



レクイエム

桐山真紀子は元警察官。現在は警備会社に勤務する傍ら、私立探偵として活動しています。小柄ながら筋肉質で、勤務中に負った重傷から二度も復帰を果たしたダイハードな女性です。
真紀子は、警備会社の社長である吉田作蔵から、ある事件の再調査を依頼されます。
前年に横浜市の加美の森公園で起きた、幼稚園バス爆破事件。一旦は容疑を認めた被告人が、裁判で自分はやっていないと主張し始めたからです。

被告人・相沢光則は、自宅マンションで爆弾を製造するのが趣味でした。
事件で使用された爆弾は、相沢が製造したものに間違いありません。しかし相沢は、爆弾は何者かが自宅に侵入して盗み出したもので、自分は事件に全く関与していないと言います(もちろん、爆弾の所持は立派な犯罪ですが…)。
事件の再調査は、一日も早く悲劇を忘れたい遺族の感情を逆撫ですることになり、誤認逮捕となれば神奈川県警の面子を潰すことにもなります。
さまざまな妨害に遭いながらも、真紀子は地道に事件の関係者を追跡します。

二階堂黎人といえば、人間を描くことよりもトリックが命の本格原理主義者(?)ですが、本作は人間ドラマが濃厚で、社会派の趣も感じられます。桐山真紀子のひたむきさに、感情移入してしまう作品です。
ただ、いかに犯人が過去の事件のショックで狂っていたとしても、26名もの犠牲者を出した爆破事件の動機としては、ちょっと…

(1月11日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

新春初読み

新年の初読みは、切れ味鋭いミステリを…
そう思って選んだのが、歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』でございます。



密室殺人ゲーム2.0

インターネットのチャットに集う5人が、交替で不可能犯罪のトリックを出題し、繰り広げられる推理合戦。ただし、このゲームは出題者が殺人を実行して、残る4人がそのトリックを解き明かすという特異なものです。
出題者は犯行現場の写真を披露してヒントを提供するとともに、自らが殺人を実行したことを誇示します。
解答者は現場を訪問したり、警察官やジャーナリストだと偽って関係者に取材するなどして、推理を展開します。そして連日チャットに出没するのです。
いずれにしろ、彼らのような自称・高等遊民(=超ヒマな人)にしか出来ません(笑)

犯行の動機は怨恨でも金目当てでもなく、かといって異常な性癖を満たすための快楽殺人でもない。文字通り、ゲームを成り立たせるためだけの殺人。そのうえ残虐描写もあり。
現実にはありえない設定だと解っていながら、こういう本を読んで楽しんでしまうことに対する罪悪感もまた格別。
できれば人が死なないで、なおかつ切れ味の鋭いミステリを読みたい…

(1月1日読了)★★★★★


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

さよなら、夢水清志郎。

講談社青い鳥文庫の『名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ』が、今年でついに最終巻。シリーズ開幕当初は中学1年生だった亜衣真衣美衣の岩崎三姉妹も、卒業の時を迎えました。
高校受験を目前に控えた三姉妹が通う虹北学園で、最後にして最大の事件が…



卒業
はやみねかおる 著

三学期に入った虹北学園。
謝恩会の実行委員長に選ばれたのは、レーチこと文芸部員の中井麗一。会場を探すため、岩崎三姉妹とともに使われていない旧校舎に入りました。
春休みに取り壊される旧校舎には、数々の伝説や怪談があります。なかでも「開かずの教室」が、もっとも恐ろしいとか。
旧校舎は、どの教室も物置代わりにされていて、使えそうにありません。残るは3階の奥の教室です。

最後の教室の扉は、なかなか開きません。
扉には内側から、無数のお札が貼り付けられていました。全ての窓には鍵が掛かっています。つまり、この教室にお札を貼った者は、密室から抜け出したことになります。
そして黒板には「夢喰い」の三文字が…
四人は、伝説の「開かずの教室」を開けてしまったのです。

そのとき「Dream Eater(ドリーム・イーター)」とつぶやく声。三年の三学期になって突然やってきた金髪の転校生、ユーリ・ローストーンでした。
(ユーリは、日本語が読めないはずなんですが…)
彼女は「開かずの教室」の伝説に、関わっているのでしょうか?
そして虹北学園の三年生たちは、無事に卒業式を迎えることができるのでしょうか?

15年間続いた夢水清志郎シリーズは、残念ながらこれで終了。とあるミステリガイドブックで、児童書ながら大人の読者をも唸らせる本格ミステリと紹介され、一時期は新作を発売日に買うほど熱中しました(恥ずかしがらずに、書店の児童書コーナーへ直行!)。私のお気に入りは『消える総生島』です。
最終巻は、500ページを超える大著となりました。第一作の『そして五人がいなくなる』で、5人の子供たちを消した怪人「伯爵」が、本作で再登場するのも読みどころです。
はやみね先生、是非とも『神隠島事件』を読みたいのですが…

(12月29日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
私が愛する名探偵
メフィスト賞の傾向と対策
ふたたび、あかきゆめみし…
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

私が愛する名探偵

本好きの理想である「食う、寝る、読む」の毎日。これを実践しているなんとも羨ましい人が、名探偵の夢水清志郎です。
長身痩躯で、いつも同じ黒のスーツに黒いサングラス。元は大学の論理学教授だというのに、論理の破綻した非常識な言動で、生活力はまるでなし。いつもおなかを空かせていて、食べ物を見ると急に元気になる。
ミステリには個性的な名探偵が登場しますが、彼の奇人ぶりは群を抜いています。

小中学生向けなので殺人事件は一切起こらないが、幻想的な謎を論理的に解決する本格ミステリ、講談社青い鳥文庫の『夢水清志郎事件ノート』シリーズを、久しぶりに読んでみました。



ハワイ幽霊城の謎
はやみねかおる 著

フランスのシャンボール城を模した豪邸に住む、世界的な大富豪・アロハ山田一族。明治維新の頃にハワイへ渡った、日系移民の子孫です。
山田家の先代当主は7年前、当主の双子の兄は45年前に行方不明となりました。地元では幽霊にさらわれたと噂されています。
また、山田家の始祖は入植地で地元の呪術師とトラブルとなり、呪いを掛けられたのだとも言います。

山田コンツェルン後継者のアロハタロウ山田は、名探偵の夢水清志郎に幽霊城の謎を解いてもらおうと来日しました。
ハワイの日系人社会には「なぜユメミズに頼まなかったのか?」との言い伝えがあるのだとか。かつてユメミズなる人物がやってきて、ありとあらゆる事件を解決し、人々に笑顔をもたらしたと。彼こそが夢水清志郎の先祖である、夢水清志郎左右衛門だったのです。
清志郎左右衛門は、夢水清志郎事件ノート大江戸編『ギヤマン壺の謎』『徳利長屋の怪』でも活躍しています。

もちろん夢水は、幽霊城の失踪事件を見事に解き明かします。
ハワイの警部から「日本には名探偵が大勢いるのか?」と訊かれた彼の答えは…
「日本には、名探偵が百人以上仕事しているビルなんかもあるんですよ」
これには声を出して笑ってしまいました。清涼院流水氏の『JDCシリーズ』のことですね。小学生にはわからないマニアックなネタが仕込んであるのも、このシリーズの面白さです。

巻末には、はやみねかおる氏への質問が載せられています。
夢水清志郎が関わった最も陰惨な事件である「神隠島事件」を、是非とも大人向けレーベルで読んでみたいのですが、残念ながら本にする予定はないそうです。

(12月5日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
メフィスト賞の傾向と対策
ふたたび、あかきゆめみし…
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

図書館は戦場だ!

本好きの人にとって、図書館は至福の場所。
図書館が舞台の小説となると、気にならないはずがありません。
これだけで今回の交遊相手が分かってしまうかも…



おさがしの本は
門井慶喜 著

N市立図書館の調査相談課に勤務する和久山隆彦のもとには、市民から本探しの依頼が持ち込まれます。
利用者の調査を手伝うのが、レファレンス・カウンターの仕事。かといって公の奉仕者であるからには、特定の人の依頼ばかりに深入りするわけにはいきません。
レポートの締め切りに追われる学生から「役人!」と罵られ、隆彦の心境に次第に変化があらわれます。

財政難にあえぐN市では、市政改革を進める市長のもと、図書館廃止論が浮上していました。
異例のタイミングで赴任してきた副館長の潟田直次は、新任の挨拶で、いきなり図書館の廃止を宣言。頭にきた隆彦は、副館長の図書館無用論に反撃します。
隆彦と副館長との、熱い戦いが始まりました。

本書は5編からなる連作集。
あまりにもありがちな利用者からの依頼が、実はかなりマイナーな本を探していた、というパターンの結末が多いです。
(難解な条件からありふれた本を探し出すという、逆パターンの話もあります)
弁論術を学ぶエリート学園を描いた『パラドックス実践』の著者だけに、かなり理屈っぽい印象です。
特に「ハヤカワの本」なんて、普通の読者にはワカリマセン!

(11月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
学園は事件の宝庫
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。