2012年10月01日

オオカミと人

昭和54年(1979年)を最後に30年以上目撃情報のなかったニホンカワウソが、とうとう絶滅したと判断されました。昭和時代まで生息していた哺乳類が絶滅種に指定されたのは、初めてのことです。また哺乳類の絶滅は、平成3年(1991年)にニホンオオカミなど4種類が指定されて以来となります。
第4次レッドリストの公表について(お知らせ)

日本の生態系の頂点に君臨し、古くから信仰の対象となってきたオオカミ。
9月30日、若狭三方縄文博物館(福井県三方上中郡若狭町)の企画展オオカミと人‐自然からの護符‐を観覧しました。

IMAG03770.jpg
芝生のドームの下が博物館。
若狭町の鳥浜貝塚・ユリ遺跡からの出土品を中心に展示。

IMAG03790.jpg
通称DOKIDOKI館。
入口のロゴは初代館長・梅原猛の書による。

階段を降りて特別展示室へ。なお館内は撮影禁止。
剥製は残念ながら、ニホンオオカミではなくモンゴルオオカミでした。鳥浜貝塚から出土した縄文時代のオオカミの頭骨も展示されています。DNA鑑定によると、ニホンオオカミは小型で、大陸のオオカミとは別種だそうです。
ニホンオオカミは、明治38年(1905年)に奈良県東吉野村で捕獲されたのを最後に絶滅しました。一方で、明治43年(1910年)に福井城址の松平試農場で捕獲されたイヌ科の動物が、ニホンオオカミだったとする説があります。しかし標本が戦災で焼失したため、真相は不明です。この件に関する新聞記事が多数ありました。
オオカミの民俗に関するコーナーでは、阿形と吽形のオオカミの木像、オオカミの護符を展示。映画『オオカミの護符』のDVDも放映されていました。

常設展示も観覧しました。暗い入口に一歩足を踏み入れると、明かりが灯って音楽が流れ出し、正面に遮光器土偶が浮かび上がります。そして回廊にズラリと並んだ縄文土器。決して規模の大きな施設ではありませんが、幻想的な演出が気に入りました。
メインとなる展示は、鳥浜貝塚・ユリ遺跡を一躍有名にした縄文時代の丸木舟でしょう。また、遺跡の出土品から明らかになった縄文人の豊かな食生活が再現されています。遺跡のある若狭町の三方湖は、ボーリング調査によって過去の気候変動が明らかにされており、環境考古学発祥の地であるそうです。
この日が企画展の最終日だと思って行ったのですが、10月8日まで延長されていました。台風17号が接近中で、あいにくの雨。しかも午後からは福井市で講演会。縄文ロマンパークも見たかったので、来週にすれば良かったかも…



さて『オオカミの護符』は、映画プロデューサーの小倉美惠子が、神奈川県川崎市宮前区土橋に残るオオカミ信仰(土橋御嶽講中)を記録した作品です。映画は見ていませんが、単行本は読みました。
現在7000世帯が暮らす住宅街である土橋は、昭和30年代はわずか数十戸の農村でした。著者の生家の土蔵に貼られた一枚の護符「オイヌさま」。そのルーツを探る旅です。オオカミ信仰を民俗学的に掘り下げた研究書というよりは、高度成長によって失われた人と地域の絆を見つめなおすヒューマンドキュメンタリー。
この手の本を読んでいると「経済成長と環境保護のバランス」とか「物の豊かさと心の豊かさのバランス」といった言葉が出てきますが、その具体的なアイデアを目にしたことはありません。生態系や民俗文化の保護に市場メカニズムを用いることができないかと、私は考えています。

【不純文學交遊録・過去記事】
ニホンオオカミの行方



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

チョコレートの伝説

2月14日は、キリスト教圏における聖ヴァレンタイン(ウァレンティヌス)の記念日であります。わが国では年間最大のチョコレートの消費日となっておりますが、その起源については定見がないようです(Wikipedia)。



タイトルから、最初はチョコレートの本かと思いました(笑)
表紙もゴディバを意識してか、チョコレート色ですし。

高級チョコレートとして知られるベルギーのゴディバ。その商標は、裸で馬に跨る女性像です。
イングランドの伝説によると、ゴディヴァは領主である夫の苛政を改めさせようと説得していました。度重なる妻の懇願に夫は、裸で馬に乗ってコヴェントリーの市場を端から端まで行き来したら、願いを叶えようと言います。ゴディヴァはそれを実行し、夫は約束どおり領民の税を軽くしました。
ゴディヴァが裸で馬乗りをした日、コヴェントリーの民衆は窓を閉めて見ないようにしましたが、ただ一人覗き見した仕立て屋のトムは、眼が潰れたとの挿話もあります。英語で覗き見する者を「ピーピング・トム」と呼ぶのは、この伝承に由来します。

ゴディヴァ夫人のモデルとなったゴードリヴは、11世紀のイングランドに実在した人物で、マーシアのアール(領主)だったレオフリッチの妻です。しかし「馬乗り」は全く以て史実ではありません。
実はコヴェントリーはゴードリヴ自身の所領であり、税率を決めることができたのは彼女をおいて他にいません。なにもレオフリッチに懇願する必要はなかったのです。また、コヴェントリーに民衆を苦しめるような重税はありませんでした。
裸で馬に跨るゴディヴァの伝説が生まれたのは、13世紀以降です。ゴードリヴの時代、コヴェントリーはまだ小さな農村で、伝説に語られたような街並みや市場はありませんでした。ピーピング・トムのエピソードが加わったのは、さらに後のことです。

古代史に比べてマイナーな中世史ですが、だからこそ隠された知へと至る楽しみがあります。
あの荒唐無稽な「ハーメルンの笛吹き男」は史実に基づいていましたが、ゴディヴァの馬乗りには何ひとつ根拠がなかったという事実。では信仰心篤い女領主ゴードリヴに、なぜ裸の馬乗り伝説が生まれたのか、残念ながら全くわかりません。
それでも十分楽しめました。考古学的なロマン溢れる古代史、現在の社会情勢とリアルにリンクした近代史に対し、事実と伝説とが綯い交ぜになったある種のいかがわしさが、中世史の魅力でしょうか。

(12月27日読了)★★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

古墳はタイムカプセル

管理人は、なぜか古墳が好きです。ひとことで言えば、昔の人のお墓なのに。
前方後円墳という独特の形状に加え、古代のタイムカプセルというイメージにロマンを感じるからでしょうか。

古墳のことならこの一冊でなんでもわかると言わんばかりの、ストレートなタイトル。ただし、大仙古墳(伝仁徳天皇陵)や箸墓古墳といった畿内の巨大古墳ではなく、地方の首長墳の事例を多く採り上げているのが本書の特徴といえます。

【送料無料】古墳

【送料無料】古墳
価格:1,785円(税込、送料別)



古墳には大きく分けて2度の変革期があります。
4世紀末には、副葬品が鏡や石製品などの呪術的なものから、武具・馬具に変化します。高句麗との交戦が、倭国に軍備の革新を急がせました。溝口睦子・武澤秀一のタカミムスヒ論と共通する歴史観です。
5世紀後半になると、畿内大王陵に匹敵する規模をもった地域首長墳がなくなります。大和政権の地方豪族に対する優位が確定した雄略天皇の治世に相当する時代です。武具・農具には、鉄器技術の革新が顕著にみられます。
そして前方後円墳が終焉を迎えるのは、西日本では6世紀後半、東日本では7世紀初頭でした。畿内政権の強権によって、です。

最新の発掘成果も反映されています。
昨年9月に八角形古墳であることが判明し、斉明天皇陵である可能性が高まった奈良県明日香村の牽牛子塚古墳。八角形は天皇陵クラスの証であると考えられますが、地方にも八角形古墳が存在するため、引き続き検討が必要なようです。

(6月5日読了)
ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

伊勢神宮に隠されたもの

法隆寺の中門には、なぜか真ん中に柱が建っています。哲学者の梅原猛は『隠された十字架』で、柱は非業の死を遂げた聖徳太子の怨霊を封じ込めたものだと主張し、一大論争を巻き起こしました。
近年、建築家の立場から法隆寺中門の柱を考察して話題となったのが、武澤秀一の『法隆寺の謎を解く』です。今度は同じちくま新書から、伊勢神宮の成立をめぐる著作を発表しました。

【送料無料】伊勢神宮の謎を解く

【送料無料】伊勢神宮の謎を解く
価格:924円(税込、送料別)



伊勢神宮は、皇祖神・天照大神(以下、アマテラス)を祀った最も権威ある神社です。その起源を探ることは、日本国誕生の歴史を明らかにすることであります。
もともと、皇祖神はタカミムスヒでした。大和朝廷はたびたび朝鮮半島への軍事介入を行いましたが、高句麗軍に敗退します。軍事力の強化を図る大和朝廷は、北方の騎馬民族が信奉する天の神=タカミムスヒを、国家統一のイデオロギーとして輸入しました。皇祖神がアマテラスとなったのは、天武天皇の時代以降です。
論旨は、以前に交遊した溝口睦子の『アマテラスの誕生』(岩波新書)を踏襲しています。

本書は、神社をその起源からふたつに分類します。
ひとつは野外の磐座から派生した「ヒモロギ系」で、伊勢神宮に代表されます。
もうひとつは神と人が同じ建物で寝起きする神人共床の慣行から発展した「居館系」で、出雲大社がその代表です。
もともとは大王の宮殿や豪族の居館で神を祀っていたのですが、やがてそれは大王(天皇)の特権となります。しかし、出雲大社からは特権を剥奪できませんでした。
そうなると著者の次なるテーマは、出雲大社の謎でしょうか?

本書のクライマックスは、隠された「心の御柱」の意味でしょう。
今回は歴史学・神話学からの正攻法のアプローチであり、建築家ならではの視点は少ない気がします。個人的には溝口睦子の『アマテラスの誕生』を読んだ後では新鮮味は薄く、前著『法隆寺の謎を解く』ほどには楽しめませんでした。
なお著者・武澤秀一は、天武天皇と天智天皇は兄弟ではなかったとする立場のようです。

(5月16日読了)★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
アマテラスとタカミムスヒ
ふたつの法隆寺
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

名前の秘密

忠臣蔵でおなじみの吉良上野介は、江戸幕府の高家という高貴な家柄なのに、なぜ「介」なんだろうと疑問に思ったことがあります。
上野介とは上野国の国司ですが、国司には守(かみ)・介(すけ)・掾(じょう)・目(さかん)等の階級があり、介は2番目です。〇〇守と名乗る大名は、いくらでもいるにも関わらず。



同様に織田信長も「織田上総介」を名乗っており、ナンバー1の上総守ではありません。
後になって知ったのですが、実は上野・上総・常陸の三国は親王任国といって、親王(天皇の子)しか国守になれませんでした。しかし親王は現地に赴任しなかったので、その職務はナンバー2の介が代行しました。つまり上記三国においては、介が実質的な最高位だったのです。

上記の親王任国をはじめ、実名である諱(いみな)は「忌み名」であって実際に呼ばれることはなかったなど、日本の歴史における名前のルールを語る本。なんとなく読み始めたのですが、名前をめぐる薀蓄は、知れば知るほど面白いものです。外国人の名前、インターネットにおける匿名の在り方についても一章を割いています。

ちなみに著者・小谷野敦の読みは「こやの・とん」で、実名は「あつし」であります。

(5月15日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり…

NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』は、上野樹里演じる江が本能寺の変の真相を明智光秀に問い質したり、織田信長の幽霊が現れたりと、かなりトンデモな設定が話題だそうです。
気が早いですが、来年の大河ドラマは『平清盛』(主演:松山ケンイチ)に決定しています。

【送料無料】変貌する清盛

【送料無料】変貌する清盛
価格:1,785円(税込、送料別)



祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰のことはりをあらはす
おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
たけき者も遂にはほろびぬ 偏に風の前の塵に同じ

有名な『平家物語』に書かれたように、武家として初めて太政大臣となり位人臣を極めた平清盛には、悪人とのイメージが定着しています。
後白河法皇を幽閉し、東大寺大仏を焼き払い、禿(かむろ)と呼ばれる少年スパイを都に放って政権批判を抑え込むなど、数々の悪行の報いで熱病(マラリア?)に倒れたとされる清盛。その4年後、栄華を誇った平氏一門は壇の浦で滅亡しました。
権力におごる暴君・清盛に対し、長男の重盛は『平家物語』で父を諌める賢人の役割を演じています。しかし実際には、重盛も結構あくどい事をやったようです(殿下乗合事件)。また「平家にあらずんば人にあらず」(此一門にあらざらむ人は皆人非人なるべし)と豪語したのは清盛ではなく、妻の時子の弟である平時忠でした。

歴史の常識を疑うのが好きな私は、平清盛をはじめ蘇我馬子・明智光秀・田沼意次など世間一般で悪役とされている人物に好意を抱くようになりました。
清盛は貿易によって国を富ませるヴィジョンを描き、交易の要衝である大輪田泊(現在の神戸市)を改修しました。その際、人柱を立てるべきとの公家の意見を退け、石に経文を書いて埋めたというエピソードが残されています。平安京という狭い世界で迷信に囚われて生きてきた摂関貴族にはない、先見性と開明性を持った政治家といえましょう。

(4月17日読了)★★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

日本一の大天狗

歴史好きな管理人が小学生の頃に夢中になったのが、源平の戦いです。
源平合戦といえば源義経の活躍が有名ですが、私は虚構じみた義経の英雄譚よりも新しい時代の創始者となった源頼朝が好きで、さらに敵役の平清盛も再評価すべきだと考えています。そんな管理人にとって真の敵役とは、頼朝をして「日本一の大天狗」と言わしめた後白河天皇(のちに上皇→法皇)であります。

【送料無料】後白河上皇

【送料無料】後白河上皇
価格:840円(税込、送料別)



後白河天皇は鳥羽天皇の第四皇子として生まれました。皇位継承とは無縁の境遇で、当時の流行歌である今様を愛好し、毎日歌い暮らしていました。ところが異母弟である近衛天皇が急死したことで、遊び人の皇子に皇位が転がり込んできます。
この皇位継承をめぐって、自らの院政の道を絶たれた同母兄の崇徳上皇は反発。父の鳥羽法皇が崩御すると保元の乱が勃発しました。その後も平治の乱、治承・寿永の乱(源平の戦い)と戦乱が相次ぐ時代を、失脚と政権復帰を繰り返しながら君臨し続けました。

平安朝のヒットソング集『梁塵秘抄』を著すほどの今様狂いで、政治的な定見がなく、後白河天皇は当時から暗主(暗愚な君主)と評されていたようです。その一方で、一度は対立した相手でも再び厚遇する度量の深さがあり、抜群の記憶力の持ち主だったともいいます。
(著者・遠藤基郎は、後白河天皇がアスペルガー症候群だったと考えています)
貴族から武士へと政権が移行する激動の時代を、天然なキャラクターで乗り切った後白河天皇は、まさにトリックスターと呼ぶべき稀有な人物といえるでしょう。

(2月28日読了)

【不純文学交遊録・過去記事】
貴族将軍の苦悩
サンチンセイコウブ
卑弥呼は箸墓に眠るのか?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

カリスマ・カマタリ

大化の改新でおなじみ藤原鎌足に始まり、平安時代には摂政・関白として我が世の春を謳歌した藤原氏。その血脈は現在に至るまで1400年も続いています。
日本の歴代総理大臣のうち、西園寺公望と近衛文麿は藤原氏の一門です(ちなみに家格は近衛家が上)。

【送料無料】藤原鎌足、時空をかける

【送料無料】藤原鎌足、時空をかける
価格:1,890円(税込、送料別)



天智天皇の治世を支え、その功績で藤原の姓を賜った中臣鎌足。日本最大の氏族である藤原氏の始祖として、鎌足は神格化されました。
聖徳太子と並ぶ理想的な王権の輔佐役。
乙巳の変で蘇我入鹿を誅殺した武威の象徴。
維摩居士になぞらえられる世俗の仏教者。
また出生をめぐる逸話や、天智天皇(当時は中大兄皇子)と出会った蹴鞠のエピソードなど、彼の周囲は脚色で満ちています。

時代とともに増幅する、鎌足のイメージ。
本書は藤原鎌足を通して、歴史上の人物が神格化する過程を辿っています。いわば虚像としての藤原鎌足を分析した社会史・文化史の研究書です。政治家・藤原鎌足の実像や、大化の改新の謎を解き明かす本ではありません。
それはそれで十分に面白いのですが、やはり古代史の真相も気になりますね。

どうしても気になる「大化の改新」をめぐる謎
・中大兄皇子は、なぜ天皇になれなかったのか
・なぜ軽皇子が即位(孝徳天皇)したのか
・退位した皇極天皇は、なぜ重祚(再び即位)したのか
・皇族である中大兄皇子が、なぜ儀式に参列していないのか
・高貴な身分の中大兄皇子が、なぜ自ら暗殺の実行犯となったのか
・蘇我入鹿を暗殺した「韓人」とは誰のことか
・中大兄皇子の弟・大海人皇子が、全く関わっていない
・改新の詔には、当時まだ使われていなかった語彙がある
・大化の改新と同時に「天皇紀」「国紀」が焼失している
・大化の改新以外に、藤原鎌足の事績は不明…など

※蘇我入鹿暗殺事件は「乙巳の変」、その後に行われた政治改革が「大化の改新」です。

(2月27日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
教科書は変わる
黒幕は誰だ?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

インディ・ジョーンズは実在した(後編)

アマゾンには黄金郷エル・ドラード(黄金を塗った人の意)があると信じられ、数多くの探検家たちが熱帯雨林の奥地を目指しました。
しかしエル・ドラードは未だ姿を現さず、飢餓や疫病、先住民の襲撃などで命を落とした者も少なくありません。

【送料無料】ロスト・シティZ

【送料無料】ロスト・シティZ

価格:2,310円(税込、送料別)



1925年、イギリス人の探検家パーシー・ハリソン・フォーセットは、未発見の古代都市を求めて南米アマゾンへと旅立ちます。長男のジャック・フォーセット、ジャックの親友ローリー・ライメルとともに。
フォーセットは、過去に何度もジャングルから生還した、屈強なカリスマ探検家です。しかしフォーセット隊は、二度と戻ってきませんでした。
果たしてフォーセットは、未知の古代都市「Z」を発見できたのか。そして彼らの消息は…
この探検史上最大の謎に、多くの人々が挑んできました。ジャーナリストのデイヴィッド・グランも、そのひとりです。

本作は、伝説の探検家フォーセットの生涯と、現代のジャーナリストの視点が、交互に繰り返されます。
少数精鋭の人員と最低限の装備でジャングルに体当たりするフォーセットに対し、飛行機や無線機など最新装備の大部隊を率いる億万長者のライス博士。対照的なライバルが物語を盛り上げます。
ビクトリア朝の大英帝国は、科学が発展するとともに心霊主義が大流行しました。そんな時代背景もフォーセットの人生に影響しています。

フォーセットと親交のあったアーサー・コナン・ドイルは、恐竜が生き残るアマゾンを描いた小説『失われた世界』を着想しました。映画『インディ・ジョーンズ』(ハリソン・フォード主演)も、フォーセットがモデルだとされています。
時代を超えて人々を魅了するフォーセットの探検譚。本作(原題『The Lost City of Z』)は、ブラッド・ピットが映画化を進めています。こちらも楽しみですね。

(1月4日読了)★★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
インディ・ジョーンズは実在した(前編)
心霊探偵コナン
【関連サイト】
日経サイエンス2010年1月号(本書を読了後にお読みになることをおすすめします)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

インディ・ジョーンズは実在した(前編)

今年は卯年。
ウサギといえば『不思議の国のアリス』が思い浮かびます。懐中時計を持った白兎を追い掛けて、ワンダーランドへと冒険の旅に出たアリス。新年の交遊は、冒険ノンフィクションからのスタートです。

【送料無料】ロスト・シティZ

【送料無料】ロスト・シティZ

価格:2,310円(税込、送料別)



小さい頃から科学が好きで、童話のような作り話を一段低く見ていた私は、学習研究社の『学研の図鑑』や『学研まんがひみつシリーズ』を愛読していました。
しかし、なにか物語も読まなければならないと思い、実際にあった出来事をもとにしたノンフィクション作品に興味を持つようになります。
小学校の図書室で、あかね書房の『少年少女20世紀の記録』や偕成社の『少年少女世界のノンフィクション』、たかしよいちが書いた国土社の『古代発掘物語全集』を手当たり次第に読みました。
秘境探検、遺跡発掘、第二次世界大戦を扱った作品が多かったですが、なかには黒部ダムやTVA計画などの公共事業を描いた今でいうプロジェクトX風の物語もありました。

そういえば、記憶に残る最初に読んだ活字ばかりの本が、ユーリ・ガガーリンの『地球は青かった』です。あかね書房『20世紀の記録』シリーズの第1巻で、後半にはロバート・ゴダードの宇宙ロケット開発ストーリーが収録されています。表紙の写真が印刷ではなくシールだったのが、当時すでにひと昔前の本という印象でした。
一方、偕成社『世界のノンフィクション』は、英字新聞のような白い表紙がモダンな装丁でした。刊行メッセージにあった「事実は小説より奇なり」という言葉は、創作よりも科学を好んだ私の力強い支えとなりました。そのせいか、後年フィクションを多く読むようになってからも、現実を超越したミステリやホラー・ファンタジー等を好んでいます。

たまには古い本の話もいいですね。
記憶に頼っているので、事実誤認や補足事項がありましたら、ご指摘ください。
では、そろそろ本題へ。
つづく
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。