2007年01月08日

これでホントに核廃絶?!

北朝鮮の核実験発表に大きく揺れた、2006年。
世界の核軍縮は一向に進まず、NPT核拡散防止条約)体制は、米・ロ・英・仏・中の核保有を正当化しているに過ぎません。
核兵器を廃絶するには、核の脅威を無力化するテクノロジーが必要ではないかと考えますが(あくまで核の脅威の無力化であって、核兵器を上回る破壊力を持つ兵器の開発ではありません)、そんな夢のようなテクノロジーが果たしてありうるのでしょうか?

地球上から核兵器を消滅させることが可能だという、世界的物理学者が日本にいます。

世界で初めて原子爆弾を開発した、マンハッタン計画。そこにはノーベル賞を受賞した世界的な物理学者が数多く関わっていました。
「物理学者たちは恐ろしい原爆を作り上げた、物理学者としてこれを消し去る責任がある」
こう語るのが理論物理学者・菅原寛孝氏です。

原子爆弾開発の過程で、科学者たちはある壁にぶつかりました。それが未熟爆発と呼ばれる、プルトニウムが十分に核分裂する前に小規模な爆発を起こしてしまう現象です。未熟爆発を克服して核分裂の連鎖による大爆発を可能にしたのが、爆縮レンズと呼ばれる仕組みでした。
菅原氏はこの未熟爆発に着目し、核兵器を意図的に未熟爆発させて消滅させようと考えたのです。でも、どうやって?
菅原氏の構想は、核兵器にニュートリノを発射するものです。
ニュートリノは太陽の核融合や宇宙線が大気と衝突した際に発生します。しかしニュートリノは地球をも貫通してしまう、観測の困難な素粒子です。小柴昌俊氏のノーベル賞受賞でご存知の方も多いでしょう。
このニュートリノを地球の裏側から核兵器に向けて発射し、核兵器に中性子を浴びせて未熟爆発を起こして破壊してしまおうというのです。

核兵器消滅装置に必要なニュートリノのエネルギーは1000テラev。これがどんなにとてつもない超強力エネルギーかと言いますと…
1000テラevのエネルギーを得るのに必要な粒子加速器は一周1000q。これを稼動する電力は5000万kw。日本の発電設備は1億9800万kwなので、瞬間的にではあっても、日本中の電力の4分の1を消費します。さらに1000qの巨大加速器の建設費には数兆円かかると見積もられます。
今よりも強力な超伝導磁石が使えるならば、粒子加速器の規模は60q、建設費は数千億円に抑えられると言いますが…
問題は規模やコストだけではありません。
中性子が、標的となった核兵器周辺にいる人間を殺傷する可能性。
未熟爆発とはいえども通常の核爆発の3%の破壊力があり、周辺への物理的損害や放射能汚染は避けられないでしょう。
そしてなにより、核兵器の所在位置の特定は難しく、標的に命中するのかという疑問。

ニュートリノによる全核兵器消滅計画は、人類を救う希望の光か?
それとも稀代のトンデモか?

(1月7日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:18| Comment(12) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ときめきを再び

11月20日、12代目となるスカイラインが発表されました。 来年(2007年)で50周年を迎える日本車を代表する老舗ブランドであり、モデルチェンジのたびに賛否両論を巻き起こす、話題には事欠かないクルマであります。

ニューモデルが発表されると複数の出版社から解説ムックが出ますが、私のお気に入りはモーターファン別冊『〜のすべて』シリーズです。
メカニズム解説とデザイナーインタビューがきわめて詳細で、歴代スカイライン(R32〜)やプリウス(NHW10、20)など、メカ的な興味をそそられる車種のものを購入しています。



さて今回のV36についても、ネット界のいたるところで既に激論が交わされていることでしょう。
私はV36の、世界市場をターゲットにした高級スポーツセダンというのは正しい方向だと思っています。
デザインも、プレーンで知的ではあるが平面的だったV35と違って、抑揚のある豊かな面構成に眼光鋭いV36には、魅力を感じます。FRらしさを表現したというリヤフェンダーのプレスラインも、かつてのサーフィンラインを思い起こさせるものです。
ただ、ちょっと大きいですね。全長4.7mは切って欲しかったです。できれば車重1.5tも…
あの酷評されたV35の全長は4675o(R34よりも短い!)、車重は1490kg(300GT)でした。
V36最大の商品的弱点は5速ATでしょう。性能では互角だといっても、競合他車(レクサスISBMW3)が軒並み6速では見劣りします。日産には究極のAT、8速マニュアルモード付トロイダルCVTがありますが、これを載せると車両価格が100万円アップだとか。
6速MT仕様はインフィニティG35にはあるので、いずれ出るでしょうが…

本書にはミスター・スカイラインこと櫻井眞一郎氏のインタビューも掲載されています。
歴代スカイラインで最も売れたのは、60万台以上が世に送り出された4代目C110(ケンとメリーのスカイライン、通称ケンメリ)ですが、櫻井氏は「自分が最も嫌いな自動車である」と告白しています。ケンメリは売ることを意識して作った「商品」だったからです。
しかしエンジニアリングの理想を追求した「作品」は、売れない。スカイラインは、そんな歴史の繰り返しでした。

業績好調な自動車メーカー。日産も過去最高の利益を上げていますが、それはカルロス・ゴーン流のコストカットのおかげ。新型車の投入効果ではありません。
日産の他社を大きく引き離す高額な役員報酬は、新型車の開発資金に回すべきではないですか、ゴーンさん?

(12月10日読了)

管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:07| Comment(3) | TrackBack(4) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

パンが機械を生んだ!

日本人の主食はお米。一方、西洋人の主食は麦。実はこの食習慣の違いが、文明の発達に大きな影響をおよぼしたのです。



水車・風車・機関車

坂井 洲二著

米は主に水田で耕作され、雨量の多い地域に適しています。米食は東洋に広まりました。
麦は米ほど水を必要としないため、雨量の少ないヨーロッパに広まりました。また、麦は米よりも寒冷な地域でも作付けが可能です。ヨーロッパの主要国は、北海道よりも緯度が北に位置します。

お米は、ご飯を炊いていただきます。麦は製粉して、パンを焼きます。麦ご飯というのもありますが、麦は米と違って薄皮が残るので、そのまま食べるには適していません。そこで麦を石臼で押しつぶし、薄皮をふるいに掛けて製粉するという食のスタイルが生まれたわけです。
人はいつしか、この製粉という作業の効率化を試みます。そして水車を利用して石臼を動かす、製粉水車が生まれました(川の水流が少ない地域では、代わりに風車が発達しました)。水車の力で石臼を回すには、水車の回転方向を90度変えてやる必要があります。そこから今度は歯車が発明されるのです。
パン食が機械文明を生み、産業革命の母胎となった・・・これを知っただけで、この本を手に取った価値がありました。

日本のノコギリは引く時に切れ、西洋のノコギリは押すときに切れます。この由来も本書で明かされます。
かつて枠ノコギリという、二人がかりで切るノコギリがありました。木材の上に乗って指揮する人が押し、下の人が引くのです。押して切るノコギリは、その名残ではないかと。日本にも枠ノコギリはあったのですが、使われたのは室町時代の一時期だけなのだとか。

本書は写真や図が豊富で、歴史好きの方はもちろん、機械の透視図を見ると血が騒ぐメカフェチの方(いるのか、そんなヤツ?)も楽しめると思います。
・・・残念なのは、図版がすべてモノクロであること。

(5月2日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

ハイブリッドは世界を制すか

アカデミー賞の授賞式に、プリウスに乗って駆けつけるハリウッドスター達。
おなじみとなったこの光景、実は環境保護団体のグローバルグリーンが仕掛けたものです。アメリカでハイブリッド車を販売する全メーカー(トヨタ・ホンダ・フォード)に声を掛けたところ、トヨタのみが興味を示し、結果として絶大な広告効果となりました。

高い環境イメージに加え、折からの原油高騰は、アメリカ市場でのプリウスの大ヒットをもたらしました。では、ハイブリッド車は次世代自動車の決定打なのでしょうか・・・
究極のクリーンエネルギー車は、水素と酸素を反応させて発電し、水しか排出しない燃料電池車であるとされています。
ヨーロッパでは、日本では絶滅状態にあるディーゼル乗用車が、省燃費と高出力で高い評価を得ています。
バイオマス燃料やGTL(ガス・ツー・リキッド)も研究されており、多様な燃料に対応できる、ガソリンとディーゼルの中間のような融合型エンジンHCCIは、全世界の自動車メーカーが開発を競っています。
また、環境問題を総合的に考えると、クルマの燃費だけでなく、燃料の製造からクルマに至るWELL TO WHEEL(油井から車輪まで)の視点も重要です。そうなると、水素製造時のCO2排出や、バイオマス燃料製造による森林破壊といった問題も無視できません。
トヨタはハイブリッドシステムを、どんな動力源であっても対応できる駆動システムとして考えているようです。現時点での理想の未来カーは、融合型エンジン・ハイブリッド車でしょう。

GM(ゼネラル・モータース)が、生産台数世界一の座をトヨタグループ(ダイハツ、日野を含む)に明け渡す日が近いと言われています。
著者はトヨタの強さを、尊敬される企業であることと言います。それは環境問題への取り組みに加え、米国工場での長期安定雇用の実現です。
でも日本のクルマ好きの間では、トヨタはそれほど尊敬されていないが気します。プリウス、レクサスLS(セルシオ)という世界に冠たる車種がある一方、国内ではウィッシュのようなパクリ車を平気で市場に送りだすからでしょうか・・・?

(4月3日読了)

≪不純文學交遊録・過去記事≫
未来予想図
リコール!その時あなたは…
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:04| Comment(16) | TrackBack(5) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

自然界の匠たち

バイオミミクリー(biomimicry)という言葉があるそうです。バイオ=生物、ミミック=模倣からの合成語で、自然の叡智に学んだものづくりのことです。
資源の枯渇、大量の廃棄物、化学物質の人体への影響など、環境・エネルギー問題は人類が文明を継続していくうえで避けて通れない課題です。
自然エネルギーの利用、自然に分解される素材といった、自然のサイクルや生物のメカニズムに学んだ技術開発が、各分野で進められています。


地球上で最も繁栄している生物は、なんといっても昆虫です。空に地中に水中に、あらゆる場所に生息しています。
カイコの生み出すシルクや、クモ(正しくは昆虫ではありませんが)の糸は、どんな人工繊維にも勝るハイテク繊維です。カイコは繊維の原料となるだけでなく、フィブロイン、セリシンという純度の高いタンパク質を生み出し、医療分野への応用も期待できます。
タマムシやモルフォチョウの羽は、光の当たり具合によって様々に色が変化し、構造色と呼ばれます。この仕組みを応用した繊維や塗料が生まれています。
コオロギの行動の研究は、人間の行動の研究にも影響を与えるかもしれません。コオロギは闘争本能の強い昆虫ですが、相手を傷つけることはありません。しかし、集団と隔離して育てられたコオロギは、相手構わず攻撃を仕掛け、ついには殺してしまいます。隔離コオロギにはセロトニンなどの生体アミンが明らかに少なく、生物の攻撃性との関わりが研究されています。

昆虫以外にも、植物や微生物に学んだ新素材、新技術の数々が本書には紹介されています。科学って素晴らしい!
そして、ニッポンのものづくりの未来は明るい!

(3月21日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

情報と生命と聖性と

みなさんには「この分野の本を読むなら、この著者で」という人はいませんか?
私の場合、IT(情報技術)分野はいつも、西垣通を読んでいます。


情報学的転回

西垣 通著



西垣通はエンジニア出身でありながら、情報と社会・文化の関わりについての著書を数多く手掛け、近年は小説も発表しています。本書は、彼の提唱する情報学のあり方を語り下ろしたもので、彼が文系の知と理系の知を横断する思考に至った経歴も明らかにされる、興味深い一冊です。

情報とは何かと聞かれて、0か1かでデジタル処理されるものと答える方が多いのではないかと思います。しかし、それは最も狭義の情報の定義であり、西垣は、情報とは生命的なものだと言います。
世界の根源的な要素である、物質とエネルギーと情報。前二者は宇宙の創生から存在しましたが、情報は生命の誕生とともに生まれました。実体のある前二者に対し、情報とは生命と対象との関係性から生まれるものです。

IT文明の根底には、ユダヤ=キリスト教の一神教的世界観があります。神が生物を創ったとする一神教的世界観が矮小化されると、生物を機械とみなし、人間をもロボットとみなす危惧をはらんでいます。
ユダヤ=キリスト教文明の産物である近代合理主義を、表層の実利的な部分だけを取り入れ、一方で自国の伝統的価値観は形骸化してしまった、無宗教国・日本。過当な競争は、中高年の自殺、ニート化する若者などを生み出しました。人間をIT文明の奴隷から解放するために・・・西垣は、人知を超えた聖なるもの=聖性を取り戻すことの必要を訴えます。
IT文明の本家・アメリカは、キリスト教が生活に根ざした、実は宗教的な国です。

ユダヤ=キリスト教を相対化しうる思想として、西垣は古代インド哲学に期待します。生物を神の創造物として外側から眺める前者の生命観に対し、後者は生命は自己創出するという最新の生命観=オートポイエーシスと共鳴するというのです。
古代インド哲学云々・・・は、正直よく判りませんでした。しかし、彼の学問といいますか、知のあり方に対する態度には非常に共感いたしました。

(2月20日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:23| Comment(10) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

未来予想図

大気汚染にエネルギー問題、交通事故や慢性的な都市部の渋滞・・・私たちの生活を支える自動車ですが、その未来は今のままでは決して明るいとは言えません。



ITSの思想

清水 和夫著

ITSとは、Inteligent Transport System=高度道路交通システムの略です。
カーナビゲーションは現在1,800万台(4台に1台)が装着し、ETCの普及も800万台を超えました。これら自動車の情報化は、渋滞の緩和に効果があります。今後は情報端末を装備した車両同士がつながって、渋滞や工事などの道路情報を共有することができるようになるでしょう。

交通システムだけでなく、クルマのそのものの知性化も、大きく進んでいます。
赤外線で夜間の歩行者を感知するナイトビジョン、カメラで道路の白線を認識して車線を維持するレーンキープシステム、衝突を事前に予測し自動ブレーキを掛けるプリクラッシュシステムさえも、いまや実用技術です。

しかしながら、自動車の本質は運転者の意思で自在に移動できることであり、完全な自動運転が必ずしも理想ではありません。なんでもクルマ任せにして、運転者に技術の過信をもたらすことも好ましくありません。
清水はレーシング・ドライバー出身であり、クルマはあくまで人が操るもの、機械に支配されないITS社会を是としています。

本書のサブタイトルは「持続可能なモビリティ社会」で、ITSのみならず自動車の未来像全般についての入門書ともなっています。
エンジンの将来について清水は、ガソリンとディーゼルを複合したようなバイオマス燃料エンジンのハイブリッド車を理想としているようです(清水って、反ハイブリッド派じゃなかったっけ・・・)。

高度に情報化された安全でクリーンなクルマによる、持続可能な未来社会。
その一方で、ローテクだけど走って楽しい軽量コンパクトなスポーツカーというのも、燃費に有利だし、今後も求められるのではないかと思いました。

(1月23日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

リコール!その時あなたは…


三菱自動車のリコール隠し事件は、社会に大きな衝撃を与えました。また、近年リコールの件数と対象台数が大幅に増えています。
リコール急増の背景には、まず三菱問題を契機にリコールの基準そのものが厳格化したことが挙げられます。
また、コスト削減で部品の共用化が進み、同じ部品を使う車種が増えたことで、1件のリコールでの対象台数が拡大しました。今や部品の共用化は、自動車メーカーの垣根を越えて行われています。
最も深刻なのは、自動車メーカーのコスト削減圧力による部品の品質低下です。部品メーカーは、人員削減を不慣れな期間労働者や外国人労働者で補おうとします。しかし十分な教育や品質管理がなされていません。新車開発期間の短縮化も、設計や試験にかける時間を圧迫する恐れがあります。
これは労働者の質のせいではなく、現場を無視したコスト削減圧力をかける経営トップの問題だと著者は言います。
アメリカの品質調査でのトヨタの圧倒的な成績は、実はレクサスのおかげです。トヨタブランド車とレクサスブランド車では、成績に差があります。
大メーカーの高収益が、アメリカ市場の好況や為替差益だけでなく、下請工場の搾取から得られており、その結果私たちの愛車の品質が低下しているとしたら…まさしく日本のモノ作りの危機です。
(11月3日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

2005年4月25日

2005年になって既に様々な事件・事故が起きていますが、4月25日のJR福知山線脱線事故は忘れることの出来ない大惨事です。



福知山線は過密ダイヤとは言えない、事故の起こった半径300mのカーブよりも急なカーブは多くはないが他にもある、旧式ATSでも事故は防げた…等、本書は事故の原因として報道された事項に異議を唱えています。
著者が今回の事故の最大の要因として挙げているのは、鉄道関係者に危険視する声さえあるという、事故車両の採用していたボルスタレス台車です。他に、油の焦げるような臭いがしたという乗客の証言からオイルダンパーの損傷や、ブレーキ系統に不具合のあった可能性も指摘しています。
JRの企業体質や運転士の心理といった感情論を避けて、事故原因を純粋に技術的な面から探ろうとする本なので、非・鉄道マニアには初めて目にする用語がズラリ…でした。

(8月21日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

輝け!六連星

昔は嫌いでした。ヘンテコなPCDのホイールを履いた不恰好なスバル(富士重工)車が。
しかし今やレガシィは、BMW3シリーズやアウディA4に比肩しうるプレミアムサルーンに成長したと思います。

スバルを支える職人たち
清水 和夫 / 柴田 充




本書の冒頭にもあるように、車種ごとに固定ファンのいる国産車(例;トヨタのハチロク、日産のGT-R、マツダのロータリー搭載車など)は数あれど、メーカーそのものに熱烈な支持者(スバリスト)がいるスバル車は稀有な存在です。
スバルの職人と言えば、スバル360を生んだ人たちがまず思い浮かびますが、本書の主人公は“てんとう虫”ではありません。国産初のFF車スバル1000、いわばレガシィのご先祖様です。水平対向エンジンやAWD(四輪駆動システム)といった独特の技術が、なぜスバルのアイデンティティとなったのか、職人たちの生の声をお聞きください。

(6月18日読了)

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。