2005年02月01日

モノ好きの魂

福野礼一郎の宇宙 甲
福野礼一郎著

どんなにカッコ良く、ハイパワーで、電子制御デバイスで武装したクルマでも“物理の法則”を超えることは出来ない。それが自動車評論家・福野礼一郎氏の持論です。
腕時計、戦闘機、日本刀、モデルガン、田宮模型、ルイ・ヴィトン…優れた機械や道具は、物理の法則を味方にし、材質を見極めて作られています。少年時代から機械いじりが大好きだった彼の“三つ子の魂”が、行間から溢れています。
(1月30日読了)



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。