2011年10月18日

将軍様の真の顔

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝といえば、教科書でおなじみの、黒い衣冠束帯姿の威厳に満ちた肖像画が思い浮かびます。
しかし近年、この肖像画のモデルは別人であるとの説が出されています。



伝源頼朝像、伝平重盛像、伝藤原光能像は神護寺三像と呼ばれ、いずれも国宝に指定された肖像画の名品です。作者は鎌倉時代初期の貴族・藤原隆信とされています。
しかし新説は、画風や画材から神護寺三像を南北朝時代の作であるとし、頼朝像は足利直義、重盛象は足利尊氏、光能像は足利義詮を描いたものであるとします。
ちなみに足利尊氏像として知られた一束切り(髻をひと握り切った髪)の騎馬武者像は、近年では尊氏の執事・高師直だとする説が有力です。

神護寺の頼朝像が足利直義であるとの新説を唱えたのは、米倉迪夫です。
米倉説を支持する黒田日出男は、山梨県甲府市の甲斐善光寺に伝わる彫像こそが、真の源頼朝像であるとします。胎内銘から、頼朝の没後まもなく造られた彫像であり、生前の面影を最も強く残した作品だといいます。
かなり以前ですが、この説を紹介したテレビ番組(NHKの日曜美術館だったかな?)を見ました。神護寺の肖像画と甲斐善光寺の彫像は印象が大きく異なりますが、私は面長で鼻筋の通った顔立ちが共通していると思いました。

黒田日出男著『源頼朝の真像』は、肝心の神護寺肖像画を頼朝ではないとする根拠が、完全にスルーされています。米倉迪夫の著書を読めばいいだけの話ですが、そこを端折ってしまうのは如何なものでしょうか。源頼朝・北条政子夫妻の善光寺に対する信仰の篤さについては、非常に興味深く読みました。
次作では、神護寺三像が足利氏であることを論証するそうです。

(6月12日読了)★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
貴族将軍の苦悩


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

前略、道の果てより。

国道といえば、きれいに舗装された複数車線の幹線道路というイメージがあります。
ところが日本全国に張り巡らされた国道のなかには、険しく曲がりくねっていて今にも崖下に落ちそうになる道路や、階段になっている道路(もちろんクルマは走れません!)、さらには川が流れている道路まであるのです。

【送料無料】酷道VS秘境駅

【送料無料】酷道VS秘境駅
価格:1,260円(税込、送料別)



このような国道とは思えない過酷な道路を、酷道と呼ぶそうです。
前述の階段国道は、青森県の国道339号線にあります。
川が流れている道路とは、川の水深が浅いため橋を架けずに、そのまま道路が横切っているものです。洗い越しと呼ばれ、岐阜県の国道157号線、新潟県の国道352号線などに見られます。

道路の世界に酷道があるなら、鉄道の世界にも人の立ち入りを拒む秘境駅があります。
どちらも人里離れた山奥に多い点では共通していますが、酷道と秘境駅は意外と離れた場所にあります。鉄道は自動車ほど急勾配の坂を登れないからです。道路の勾配は%で表しますが、線路の勾配は‰です。

道路に鉄道、趣味の世界は幅広く奥が深いですが、本書の著者は仕事(本業は物書きではない)や家族サービスと両立しているそうです。
趣味と日常生活との間合いの取り方でも、参考になる一冊ではないでしょうか。

(2月7日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
その道路、必要ですか?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

火と水で神

日本人は無宗教だといわれます。とりわけ1995年のオウム真理教事件以降、宗教とはアブナイもの、語るべからずもの、近寄るべきでないものとされてきた感があります。
その一方で私たちは、神社に参拝し、仏式で死者を弔い、クリスマスを祝うなど、多種多彩な宗教的行事を受け容れています。また、占い・霊視・超常現象などオカルト・スピリチュアルに対する世間の関心は、一向に衰える気配がありません。

火・水

火・水

価格:2,205円(税込、送料別)



一種の語呂合わせですが、神とは火と水(カとミ)であるとの解釈があります。
宗教学者の鎌田東二と陶芸家の近藤高弘は、奈良県吉野の天河大弁財天社で、1997年から毎年、天河護摩壇野焼き講を行ってきました。豊かな森林が清浄な水を育む吉野で、護摩の火でオブジェを焼き上げる。まさしく神(火水)に捧げるセレモニーです。

この天河護摩壇野焼き講には、修験道から激しい反発があり、芸術界からは「近藤は怪しい宗教にかぶれた」と非難されました。しかし天河大弁財天社には、弘法大師こと空海が護摩の灰を焼き上げて造ったという「灰練り弁才天像」があります。天河護摩壇野焼き講は、決して無根拠で突飛なお遊びではなかったのです。
近藤高弘は、自らの手で骨壷を焼く「解器(ホドキ)ワーク」も提唱しています。

神の地・吉野で宇宙と生命のサイクルを表現する野焼きですが、天然の木を伐採して護摩を炊く行為はエコに反しないかと疑問が湧きました。事務局のミーティングでも、護摩で使う木をどこから持ってくるのか問題提起があったようです(どのように解決したかは不明…)。
鎌田東二は神秘体験を公言し、神道ソングライターを名乗って音楽活動を行うなど、学者にしてはパフォーマンスが過ぎるきらいがありますが、自称「アニミズム信者」である私は、現代におけるアニミズムの実践として天河護摩壇野焼き講のような試みは有りかと思います。

(11月22日読了)★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
アニミズム革命
【関連サイト】
天河神社
鎌田東二オフィシャルサイト
近藤高弘の世界
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

OTAKUはCOOL?

9月14日、ベルサイユ宮殿で村上隆の個展が始まりました。フランスの右派団体からは「宮殿に軽薄な現代アートを置くのは、歴史遺産を冒涜するものだ」と反発する声が上がっています。
そういえば、イオ・ミン・ペイが造ったルーブル美術館中庭の「ガラスのピラミッド」も、同様の批判に晒されました。

日本的想像力の未来

日本的想像力の未来

価格:1,155円(税込、送料別)



賛否はともかく、アニメーションをはじめとする日本のポップカルチャーは、海外で広く受容されています。
なぜ日本のポップカルチャーは、クールだと認識されたのか。クールジャパンは、日本経済を牽引するソフトパワーとなるのか。そしてオタクは、国籍・人種を超えたアイデンティティとなりうるのか…

本書は、東浩紀を中心とした東京工業大学世界文明センターでの国際シンポジウムを書籍化したものです(東京“工業”大学世界文明センターは、いまや貴重な人文知の発信の場なんだとか)。
シンポジウムには批評家だけでなく、現代美術家の村上隆、映画監督の黒沢清という製作者も参加。さらに海外の日本文化研究者も加わっており、日本的クールさとは何かを客観視できる内容です。
海外の研究者は「クールとは何か」について、未知であること(ジョナサン・エイブル)、非生産的であること(へザー・ボーウェン=ストライク)を挙げています。

アカデミックな話題であっても、シンポジウムとなると話し言葉で書かれるので、分かりやすくなります。
面白いのは、第2部の討論。
オタクよりもフリーターの方がグローバルな問題だと語り、クール・ジャパノロジーが安易にナショナリズムと結びつくことを危惧する毛利嘉孝に対し、東浩紀が猛反撃。追い討ちを掛けるように、自称ワーキングプアの若者なんて仕事を選んでいるだけだと、一蹴する宮台真司。議論はカルスタ(カルチュラル・スタディーズ)批判の様相に。

本書の構成は時系列とは逆に、1日目の内容が第2部、2日目が第1部です。
1日目(第2部)の討論には大塚英志も参加していたのですが、彼は書籍化を固辞したため、残念ながら発言が削除されています。
東浩紀の新刊に村上隆が出ているということで、なんとなく手に取ったのですが、意外に楽しめました。

(9月26日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
萌える資本主義
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:54| Comment(9) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

過去から未来をデザインする

かなり古い話になります。
「みなさんお元気ですか〜」と呼びかける井上陽水のCMが、昭和天皇の病状に配慮して口パクになり話題となった日産セフィーロ。
1988年にデビューしたセフィーロ(A31)は、小径のプロジェクターヘッドランプをクリアパネルで覆ったフロントマスクに、なだらかに弧を描くルーフライン、そして豊かな面で構成されたフェンダーが、非常に斬新なセダンでした。
前年の第27回東京モーターショーに出品され、世界的に高い評価を受けた4ドアセダンのコンセプトカー『ARC-X』のデザインモチーフを具現化したようなクルマです。



セフィーロのデザインを手掛けたのは、和田智。
モーターファン別冊ニューモデル速報第63弾『セフィーロのすべて』に登場して以来、注目していたカーデザイナーで、他には電気自動車『ハイパーミ二』とコンパクトスポーツカー『IF』が印象に残っています。

その後、和田は日産自動車からアウディAGに移籍。
かつてアウディといえば、徹底したエアロフォルムとフルタイム四輪駆動(クワトロ)による先進的なイメージはあるものの、メルセデスベンツやBMWのようなブランド・ヴァリューはありませんでした。
上品だが存在感の強さに欠けるアウディに、フロントグリルとバンパーダクトを一体化したインパクトのある顔を与えたのが和田です。彼がデザインしたA6のシングルフレームグリルは、現在に至るアウディのアイデンティティとなっています。

2010年、和田はアウディから独立して帰国。SWdesignTOKYOを設立しました。
メーカーのデザイナーに求められるのは、マーケットで勝つための押しの強いデザイン。しかし売れるためなら手段を選ばないデザインでは、本当に良いものは作れません。会社の一員であるインハウスデザイナーでは、社会を変える仕事は出来ないと感じたのです。たとえ電気自動車を作っても、新しい暮らし、新しい価値観の提案がなければ、エコどころか電気自動車という名のゴミが増えるだけです。

新しいものを作るには、過去に対する敬意を持ち、今を解釈し、未来をデザインする。
それは、単に過去の意匠を反復することで新しいと錯覚させるレトロデザインとは違います。

(8月13日読了)★★★★

【関連サイト】
SWdesign TOKYO
※クリックするたびに別ウィンドウが開くのが鬱陶しい。社会そのものをデザインするクリエイターのサイトなら、早急になんとかすべきでは…
【不純文學交遊録・過去記事】
フェラーリをデザインした日本人
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

くだらない!(笑)

たまには脱力系の一冊を。
さまざまな方法でウサギが自殺を試みる、シュールでブラックな絵本『自殺うさぎの本』が話題となったイギリス在住の脚本家、アンディ・ライリー
今度の作品もシュールです。



うざい発明

アンディ・ライリー 著

表紙はチリトリを引きずって、糞を掃除ながら散歩するイヌ。商品名は「ひとりでできるもん」。ページをめくれば、穴を掘りながら遺体を埋葬する「ドリルかんおけ」。
こんな調子で、くだらない発明品が並びます。

そんな複雑で遠回りな仕掛けを作らなくても、手でやった方が早い…とツッコミを入れたくなるものばかり。
楽をしたいという人間の欲望は、こんなにもくだらない妄想を生み出すのでしょうか?
このくだらなさは、同じくイギリスのコメディアン、ローワン・アトキンソンが演じた『Mr.ビーン』にも通じるものがあると思います。
ブラックなネタも多いので、良識派を自認される方にはおすすめいたしません(笑)。

(6月28日読了)


自殺うさぎの本


またまた自殺うさぎの本
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

退化する芸術

モナリザにひげを生やしたり、便器にサインをしただけで「芸術」と称する、マルセル・デュシャンの作品をご存知の方は多いでしょう。
抽象的な絵画、ガラクタを寄せ集めたオブジェ、建造物を巨大な布で覆うパフォーマンスなど、現代アートは「よく解らない」と言われます。
芸術とは美とは、一体何なのでしょうか?



現代音楽と現代美術にいたる歴史

北原惇 著

ポール・マクリーンは、人間の脳は三層構造になっていると唱えました。
一番下にあるのは爬虫類の脳で、捕食や繁殖といった生命を維持する行動を司ります。
次いで原始的な哺乳類の脳(大脳辺縁系)があり、感情を表すことができます。
その上に進化した哺乳類の脳(大脳新皮質)があります。人間の脳は新皮質が非常に発達しており、美や道徳など高度な創造的活動を生み出します。
本書は、マクリーンの脳科学を用いて、芸術とは美とは何かを論じる試みです。

人間は病気やストレス、化学物質の影響、そして戦争や災害などの衝撃的な体験によって、大脳新皮質が機能しなくなることがあります。そうなると欲望や感情をコントロールできなくなり、人間の行動は原始的な哺乳類や爬虫類の段階にまで退行してしまいます。
北原惇氏は、アフリカ系アメリカ人の過酷な奴隷体験や差別体験が、麻薬やグラフィティ(落書き)、バンダリズム(破壊行動)などのゲットー文化を生み出したといいます。
欲望や官能をストレートに歌うアフリカ系アメリカ人のリズム&ブルースは、それを聴いたアフリカ系以外の若者をも魅了し、ロックンロールの名で商業音楽化されて世界を席捲しました。ロックとともに、反社会的なゲットー文化が、アメリカをはじめ世界を侵食しているのです。
北原氏には、そのものズバリ『ロック文化が西洋を滅ぼす』という著書もあります

つまり、対抗文化とは退行文化だった…
意味不明なアートの氾濫は、人類の文明の行き詰まりを暗示しているのでしょうか?
近代がもたらした弊害を批判する、保守思想書としても読めます。

(4月29日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

噂・うわさ・ウワサ

打ち切られたテレビ番組、未完のまま放置された建造物、それらの背後にうごめく陰謀…都市伝説と称される様々な噂話は、インターネットの普及によって瞬時に全国へと広がります。
「ネット上の情報を鵜呑みにするな、絶対に裏を取れ」
新聞社出身のジャーナリストが、まことしやかに語られる都市伝説の背景に迫ります。



封印されたミッキーマウス 安藤健二 著

タイトルの「封印されたミッキーマウス」とは、1987年に滋賀県の小学校の卒業制作で描かれたミッキーマウスの絵が、ウォルト・ディズニー・プロダクションの抗議によって消されてしまったという実際にあった事件のことです。
著者・安藤健二氏は大津市まで足を運び、当時の卒業生や担任の教師に取材しています。

著作権のもつれで封印された漫画雑誌やテレビ番組、一時マスコミを騒がせた有名人のその後については、正直言って「しょうもない」ネタでした。
しかし我慢して読み続けていくと、興味深い話題が出てきます。
秀逸なのは、タイタニック号沈没事件から生還した日本人(ミュージシャン・細野晴臣氏の祖父)が、当時「卑怯者」呼ばわりされた理由を追った話。意外な真相に驚きます。

前述の「タイタニック号」と「佐世保女児殺害事件」は、当初一冊の本にするつもりだったのですが、出版社からは「地雷の上を裸足で歩くようなもの」「そんな結論では本にできない」と了解が得られなかったのだとか。
出版業界には、まだまだタブーがあるのですね…

(9月14日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

悪の首領は、忙しい。

映画やアニメにしばしば登場する、世界征服を企む悪の組織。最先端の科学技術や超能力を駆使しながらも、いつもあと一歩のところで物語の主人公に野望を阻まれてしまいます。
正義のヒーロー・ヒロインは、必ず最後に勝つ。しかし、そんなお決まりのストーリーに内心飽き飽きしていた方はいませんか。一度でいいから悪の組織側が勝って、世界征服を成し遂げるシーンを見てみたい…



「世界征服」は可能か?

幼い頃、一度は世界征服を夢見たあなた。
映画やアニメの悪役に魅せられてしまったあなた。
世界征服とはなんなのか、どうやって仲間を集めて悪の組織を作り上げるのか、そもそも世界征服は可能なのか、マジメに考えてみましょう。
講師はオタクの王様・オタキングこと岡田斗司夫先生です。最近では、50kgものダイエットに成功(『いつまでもデブと思うなよ』新潮新書)したことでも有名であります。

先生は、支配者には4つのタイプがあると言います。
あなたが世界征服を目指すとしたら、どのタイプの支配者になるでしょうか?
A.「正しい」価値観ですべてを支配したいタイプ。
B.責任感が強く、働き者・仕切り屋タイプ。
C.自分が大好きで、贅沢が大好きなタイプ。
D.人目に触れず、悪の魅力に溺れたいタイプ。

Aタイプのあなたは魔王。別名「人類絶滅型」。
Bタイプのあなたは独裁者。別名「人類の管理人」。
Cタイプのあなたは王様。別名「バカ殿様型」。
Dタイプのあなたは黒幕。別名「悪の裏方」。
それぞれのタイプの特徴と世界征服を目指す際の注意点は、本書を手にとってご覧ください。

自分の思い通りに世界を動かしたい。
目の前で大勢の大衆を跪かせたい。
とてつもないお金持ちになって贅沢したい。
世界征服の目的はさまざまですが、なにをするにしても資金や人材が必要となります。
そもそも悪の組織に加わるような人間はモラルが低いわけですから、組織を掌握するのも大変です。悪の組織の首領サマは全てを自分で判断し、命令を下さねばなりません。
そして世界征服を成し遂げたあかつきには、首領サマのもとには世界中の人民からトラブル解決の裁定が求められます。
独裁者タイプでなくても、悪の組織の首領は忙しいのです。ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーは、自殺しなくてもあと6ヶ月ほどで過労死したといわれています。

それでも現代社会において世界征服は可能なのか?
そして現代社会における「悪」とは一体なんなのか?
オタキング先生の回答は、読んでからのお楽しみ!

(10月31日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

フェラーリをデザインした日本人

「メイド・イン・ジャパン」は品質は良いが、デザインは海外ブランドのものが優れている…との思いは日本人に根強く残っていると思います。
しかしながら、海外で活躍する日本人デザイナーは少なくありません。
あの世界を代表するスポーツカー、フェラーリも日本人がデザインしています。



フェラーリと鉄瓶



伝統の逆襲

奥山清行氏、海外ではケン・オクヤマの名で知られています。NHKのプロフェッショナルにも出演したので、ご存知の方も多いでしょう。GMポルシェ、そしてピニンファリーナでチーフデザイナー、デザインディレクターを歴任し、代表作はフェラーリ創立55周年記念モデル『エンツォ・フェラーリ』、マセラティクワトロポルテ』など。
2006年に独立。カーデザインのみならず、日本の職人の技を生かした地場産業の再生を目指しています。

ピニンファリーナは、フェラーリをはじめとする世界各国の自動車メーカーからデザインを受託する、イタリア・トリノにあるカロッツェリア(デザイン工房)です。自動車以外の分野も幅広く手掛け、トリノオリンピックの聖火台・トーチもデザインしています。
古代ローマ文明やルネサンスの名作を生んだ、デザインの国イタリア。日本人が思い描くイタリア人は、さぞかし派手で陽気で人生を謳歌してそうなイメージですが、実際は随分違うそうです。
イタリアは階級社会であり、名家の出身でないと高い地位に就くことはできません。市役所の手続きには長蛇の列で、午前中に終わらなかったら午後にはまた並び直し。鉄道が遅れるのも当たり前です。何につけても仕方がないから、あきらめる。奥山氏はイタリアを「あきらめの国」と呼んでいます。
人々の暮らしぶりは地味で、おしゃれな「チョイ悪おやじ」なんてまずいません。「あきらめの国」だからこそ、現在の地位や収入の範囲で日々を楽しく暮らそうとしているのでしょう。

ピニンファリーナでは、アイデアスケッチが採用されたデザイナーひとりが最後までプロジェクトに関与します。選考にもれたデザイナーに仕事はありません。一人のデザイナーがライトやドアハンドルなど細部まで手掛けますから、一台のクルマのデザインに統一感が出るのです。
日本の自動車メーカーでは、採用案にボツ案のテールランプを組み合わせて、最終デザインを決定することがあります。また製品はチーム・企業のものであって、デザイナー個人の名前が表に出ることはあまりありません。
日本人とイタリア人で、デザイナーひとりひとりの力量に差はないと奥山氏は言います。むしろ日本人の方にクリエイティブな仕事をする人が多いと。それなのにイタリアン・デザインの方が優れているのは、製品にデザイナー個人の特徴が現れているからです。
日本企業の製品が市場に出たときにデザイナーの個性が消えてしまっているのは、とんがったアイデアが「会議」を経て当たり障りのないものに変わってしまうからでしょうか。誰も責任を取らなくていいシステムではありますが…

フェラーリと鉄瓶 』と『伝統の逆襲 』は重複する部分が多いですが、奥山氏の人となりやデザイナーとしての仕事ぶりを知りたい方は、まず前者をお読みください。後者はより理論的で、今後の日本のものづくりに対する提言となっています。

KEN OKUYAMA オフィシャルサイト

(8月26日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。